振付師として活躍するボブリン氏が地元紙にエピソード明かす

 新型コロナウイルス感染拡大によって3月の世界選手権が中止となり、シーズンに幕を下ろしたフィギュアスケート界。1981年欧州選手権王者イゴール・ボブリン氏(ロシア)は、過去に指導したことのある五輪連覇王者・羽生結弦(ANA)とのエピソードを明かしているようだ。ロシアスポーツ紙「スポルトエクスプレス」が報じている。

 引退後は指導者、振付師として活動している66歳のボブリン氏。同紙のインタビューで、「彼ら(日本人)の立ち振る舞いを私たちは新型コロナウイルス感染問題でとてもよく見ることができました。彼らは従順です。もし私が日本のスケーターを指導しに行ったら、そのスケーターのためにスポーツだけではなく、他の面に関しても指導する先生になります」と語った後、羽生とのエピソードを明かしている。

「私は絶対に忘れません。私たちがソチから出発する時、彼(羽生)は電話してきて、自分たちのホテルを通ってほしいとお願いしてきました。(ホテルに着くと)彼のチームとスケート連盟の会長が一緒に出てきて、黙ったまま一斉にお辞儀したのです。私は、あれほど感動的に感謝されたことはありませんでした。ホテルの従業員は私より大きく驚いていました」

 同紙によると羽生を指導していたボブリン氏は、2014年のソチ五輪が終わり、現地から出発する時の思い出をこのように明かしている。金メダルを獲得した羽生を含め、日本人の感謝の表現に感動したようだ。

名伯楽・オーサー氏の指導受ける羽生に「彼は一人ではありません」

 インタビューでボブリン氏は、羽生がコーチを変更するのではないかなどという、過去にSNSなどで議論されていた憶測についても言及している。

「日本人は賢くて慎重な人々です、冒険することを彼らはしません。ハニュウには素晴らしいコーチとチームがいます。彼はこのグループに自分の場所を見つけたのでしょう。彼は一人ではありません、多くの友達がいます。彼には移籍する理由がありません。彼は年齢を重ねてもとても強く、他のスケーターにたちに差をつけています。彼らはハニュウを恐れていると思います」

 羽生は2012年からブライアン・オーサー氏に師事しているが、五輪連覇、ジュニア&シニアの主要国際大会を完全制覇する「スーパースラム」などの快挙を支えてきた名伯楽の指導に、ボブリン氏は不安がないと考えているようだ。(THE ANSWER編集部)