リオデジャネイロ五輪卓球男子団体で日本史上初の銀メダル、シングルでは銅メダルを獲得した水谷隼がTOKYO FMのスポーツ×音楽プログラム『TOYOTA Athlete Beat』に出演する。

『TOYOTA Athlete Beat』は、藤木直人と伊藤友里が注目のアスリートたちの素顔に迫る。10月15日と22日の放送回に、ゲストとして水谷が出演。リオデジャネイロ五輪の秘話や、4年後の東京五輪へ向けた目標を語る。

平均的な選手の2倍である20種類ものサーブを打ち分けることができるという水谷は、「男子団体決勝で対戦した中国の選手とは過去12回負けていて、リベンジするにはオリンピックしかないと思った」と語った。

結婚後、家族の支えが強くなったという水谷。リオデジャネイロ五輪では、「嫁の前では負けられない。悲しむ姿は見たくない」と思ったという。

「一度はリオでの引退も考えた」と話し、「次が東京と決まった瞬間にまだ続けよう」と決意した。「その頃は娘も6歳になるのでプレーを観られるはず」と東京五輪へ向けて意気込みを語った。

さらに番組では、お気に入りのチアアップソング「オリンピックになると聴きたくなる曲」や、ロンドン五輪後に4カ月卓球をやらなかった理由、貯金が趣味という噂などを紹介する。

放送日時は10月15日・22日10:00~10:50。TOKYO FMをはじめとするJFN系全国38局ネットで放送する。

TOKYO FM『Athlete Beat』に卓球の水谷隼(中央)が出演

TOKYO FM『Athlete Beat』に卓球の水谷隼(中央)が出演

TOKYO FM『Athlete Beat』の藤木直人(左)と伊藤友里

TOKYO FM『Athlete Beat』の藤木直人(左)と伊藤友里