スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―昨年2月、宇野の演技に海外称賛

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回はフィギュアスケートの宇野昌磨(トヨタ自動車)だ。昨年2月の四大陸選手権、男子フリーで当時の世界最高となる197.36点をマーク。ショートプログラム(SP)4位から大逆転Vを飾った。演技後は膝から崩れ落ちた“魂の4分間”は「ショウマにハートを盗まれた」などと海外で称賛の嵐を巻き起こしていた。

 幽玄なベートーベンの「月光」に乗せた宇野が完璧な演技を見せた。冒頭の4回転フリップ、4回転トーループで完璧な着氷を決めると、ホンダセンターの観衆から大きな拍手が巻き起こった。4回転ジャンプを3本決め、迫真の舞いを終えると、リンクに崩れ落ちた。死力を尽くした宇野は9秒間、立ち上がれなかった。

 キス・アンド・クライで当時のフリー最高記録となる「197.36」を目にすると笑顔が弾けた。合計289.12点で、大舞台では2位が続いてきた宇野にとっては嬉しい主要国際大会初の金メダル。足首の故障を抱えながら、“魂の4分間”で表彰台の真ん中に立った宇野に対し、海外のフィギュアファンはツイッターで称賛の嵐を巻き起こした。

海外ネット騒然「ハートを盗まれた」「足首をあげたい」

「ショウマ・ウノこそ、私がスケートを愛する理由」
「一体何者? 足首を怪我していて、フリーの世界記録を破るなんて」
「ハートを盗まれてしまった」
「私はショウマ・ウノ教に入信しました」
「足首を故障しながら、世界新記録なんて」
「ショウマ・ウノという小さな戦士に対する激しい愛と憧れを表現する言葉が見つかりません」
「必要なら私の足首をあげたいです」
「ショウマ・ウノはこれまでも、これからも落胆させることはない」
「ワオ、何てパフォーマンスなんだ」
「ショウマ・ウノのスケートはアメージングだ」
「言葉を失ってしまった」
「ショウマ・ウノを一言で表現するなら…ワオ!」

 手負いの状態で気迫あふれるパフォーマンスを見せた宇野。アナハイムから届けた迫真の演技で、世界のフィギュアファンも虜になっていた。(THE ANSWER編集部)