水着素材で作ったミズノ社製「マスクカバー」に反響「これつけて泳がなきゃ!」

 新型コロナウイルスの影響で1年延期となった東京五輪・パラリンピック。2012年ロンドン五輪競泳女子100メートル背泳ぎ、同400メートルメドレーリレーで銅メダリストの寺川綾さんがインスタグラムを更新し、ミズノ社製の“水着マスク”をつけた姿の画像を公開。コメント欄には「お洒落でいいですね」「熱盛です!!」と反響が集まっている。

 かっこいいスタイリッシュなマスクだ。水着の素材で作られたミズノ社製「マウスカバー」。眉間から顎まで立体的に作られ、顔にフィットしている。同社のロゴも左頬にワンポイントで入っており、耳にかけるゴム紐部分もしっかりとしているようだ。

 現在はスポーツキャスターを務める寺川さんは「すごい!! まさか、泳ぐ以外に陸で水着にお世話になるとは やっぱり落ち着くこの肌触り」などと投稿。フォロワーからは「これつけて泳がなきゃ!」「これ例の水着のマスクですね」「お洒落でいいですね」「熱盛です!!」とコメントが集まっている。

 ミズノは公式ツイッターで2万枚が即日完売したことを報告。再販売について、今月下旬に案内するとしている。(THE ANSWER編集部)