57歳が鎖を首に巻いて鉄棒で腕立て伏せ、ミット打ちでは「ぐあ゛!!」と咆哮

 ボクシングの元世界3団体ヘビー級王者マイク・タイソン氏(米国)が53歳でエキシビジョンマッチ出場の可能性が話題を呼んでいるが、同様にカムバックを表明した57歳のイベンダー・ホリフィールド氏(米国)のトレーニング動画が注目されている。自身のツイッターに上半身裸の“猛トレ”の様子を公開すると、ムキムキの肉体にファンから「凄まじく仕上がっている」「これこそ本物だ」と驚きの声が集まっている。

 タイソンには負けらない。そんな気合が伝わる動画を公開したホリフィールド。上半身裸で鋭いミット打ちを見せると、縄跳び、筋トレシーンと続く。重そうな鎖を首に巻いたまま、鉄棒で腕立て伏せを披露。後ろから撮られた懸垂姿の背中は筋骨隆々だ。ミットを打ちながら「ぐあ゛!!」と何度も咆哮を上げる迫力は凄まじい。

 文面には「チーム・ホリフィールド、戦いに向けて準備中」と投稿。57歳とは思えぬ肉体に、コメント欄には「57歳だけど彼の身体は凄まじく仕上がっている」「これこそ本物だ」「素晴らしい知らせだ……」「俺はホリフィールドとマイク・タイソンのマッチが見たい」「あなたの外見はチャンピオンの時のままだ」「また同じように暴れてくれチャンピオン、その姿を見られれば俺は幸せだ」と反響が集まっている。

 タイソンも中国版ツイッター「ウェイボー」で復帰仕様となった上半身裸のボディーを披露し、海外ファンを騒然とさせていた。現役時代は2度の対戦でホリフィールドが2連勝。エキシビションで3度目の対戦が噂される2人の仕上がり具合に注目が集まっているようだ。(THE ANSWER編集部)