WBCライト級王者ヘイニーを指導するメイウェザーに期待の声「知識を授けている」

 ボクシングの元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー氏(米国)が、世界王者にも技術を伝授している。トレーナーに転身することを宣言していたなか、WBC世界ライト級正規王者デビン・ヘイニー(米国)を指導。ヘイニーがツイッターにミット打ちの動画を公開し、付き添うメイウェザーは「そうだ、いいぞ」と声を出して教え、ファンからは「次世代を導いている」と反響が集まっている。

 50戦無敗の伝説的王者が技術を叩き込んでいるようだ。ミットを持つのはメイウェザー。左右のボディーを打たせ、ヘイニーに迫るようにしてプレッシャーをかけていく。互いに体を入れ替え、優しく丁寧に教えているようだ。この間にも「チャンピオンになったつもりで動け」「そうだ、いいぞ」「俺の顎に向かって打ってこい」と声を出しながら指導している。

 L字ガードや巧みなディフェンス技術を駆使して時代を築いたレジェンド。トレーナー転身を宣言して以降、長男・コラウンや甥・クリスのミットを持つ動画を公開していた。今回は、メイウェザープロモーションズに所属するヘイニーが「これは運命づけられていたんだ」と動画付きで投稿。ファンからはトレーナー業でも成功を願う声が上がっている。

「メイウェザーがボクシングの知識を授けているのを見られて嬉しいね」
「言葉だけでなく、自身の影響力をもって次世代を導こうとしているなんて最高だ」
「ヘイニーだっていつか史上最高と呼ばれる日が来る!」
「フロイド・メイウェザーには最高のトレーナーになる血が流れている」
「2人はこの関係を続けてほしいね……」

 数々の強敵相手に勝利を収めてきたスキルを伝えられるか、ファンは期待しているようだ。(THE ANSWER編集部)