モロニーは再開予定の「6・9」興行への出場意欲

 新型コロナウイルスの感染拡大で、ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦は延期となっている。そんな中で、井上を共同プロモートする米トップランク社の6月9日予定の興行再開に向けて、米ラスベガス入りしたオーストラリアの刺客が出場を希望。その先に井上との統一戦を切望している。FOXニュースオーストラリア版が報じている。

 WBO世界バンタム級2位のジェイソン・モロニー(オーストラリア)は双子の弟でWBA世界スーパーフライ級1位のアンドリューとともに、オーストラリアから特別措置が許されラスベガス入りした。

「まだ正確な試合日と対戦相手は決まっていないが、彼ら(トップランク社)は懸命に調整してくれている」

 ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級大会に参戦し、2018年10月の初戦で前IBF世界王者のエマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)に判定負けしていたジェイソンはこう語っている。

試合へ準備万端「来週試合を組んでくれ、と言ったんだ」

 ロックダウン中も兄弟でジム通いし、仕上がりにぬかりはないというジェイソンは「来週試合を組んでくれ、とオレたちは言ったんだ」と闘志をたぎらせている。

 当初は、同じく井上戦を熱望しているWBO1位のジョシュア・グレア(米国)と対戦予定だったが、新型コロナの影響で流動的になった。

 だがジェイソンは「グレアと戦いたいね。何か月もそこに集中してきた。数か月間もアイツをしばく事を想像して、モチベーションを高めてきたんだ。彼と戦って、最高の印象を残したい。その次にカシメロだ。WBOの世界タイトルを手にして、イノウエとの統一戦で今年を締めくくりたい」と意気込んでいる。

 井上はカシメロと3団体統一戦を戦う予定だが、まだ日程は決まっていない。再起後3連勝と再び上昇気流に乗っている男が入り込む余地はあるのか。虎視眈々と狙っている。(THE ANSWER編集部)