ロシアメディアのインタビューで2019-20シーズンを振り返る

 フィギュアスケートのアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)はコーチのエテリ・トゥトベリーゼ氏のもとを離れ、エフゲニー・プルシェンコ氏に師事することになった。電撃移籍のトルソワは、ロシアのインターネットサイト「figureskating-online.com」などのインタビューで2019-20シーズンを振り返っている。

 シニアデビューイヤーで、アリョーナ・コストルナヤ、アンナ・シェルバコワとともに“天才3人娘”として鮮烈な印象を残したトルソワ。今年1月の欧州選手権では表彰台を3人で独占するなど、圧倒的な実力を見せた。

 同メディアのインタビューで2019-20シーズンの自己評価を尋ねられたトルソワは「私は『良い』と評価します。私が望むものすべてがうまくいったわけではありませんでしたが、多くのものを学びました。新しいエレメンツも習得しましたし、経験も得ました。私はこれを必ず来シーズンに活かします」と手ごたえを口にしているようだ。

 稀代の4回転ジャンパーにとって、日本での演技は特に印象に残っているようだ。記事によると、昨季最もよかった瞬間についてトルソワはこう語っているという。

「昨シーズンで一番良かった演技はジャパン・オープンでのものです。自分のプログラムを演じることができ、チームを助けられました。それはとても心地よい感覚で、全体として面白かった。加えて、日本での大会はいつも楽しいものです」

3月の世界選手権中止に「しばらくの間、人生が止まった」

 昨年10月のジャパン・オープン女子フリーでは、ISU非公認大会ながら女子では史上初となる、3種類の4回転ジャンプを4本着氷。160.53点で1位となり、欧州チームの優勝に貢献した。日本での演技は会心の出来だったようだ。

 新型コロナウイルスの影響により、3月に予定されていた世界選手権は中止になった。当時をどう受け止めていたのだろうか。記事によると、トルソワは「世界選手権の中止はとても突然のものでした。私は、そういうことが総じて起こり得ることが長い間、信じられませんでした。しばらくの間、人生が止まりました」と語ったが、続けて「私はすぐに自分を取り戻し、シーズンオフの計画を立てました」と気持ちを切り替えたことを明かしているという。

 同メディアによると、トルソワは自己隔離体制の中でできることに励んでいるという。

「できるだけ体の調子を維持しています。しかし、床の上での練習は、氷の上の練習の代わりにはなりません。トレーニングの他に、試験へ向け勉強をしていました。英語を勉強しています。全体としてやることがたくさんあります」

 非凡な才能を持つ15歳。衝撃を与えた昨季から、どのような進化を見せてくれるのか。新シーズンのトルソワの姿に注目だ。(THE ANSWER編集部)