スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―バンタム級屈指の3人が揃った豪華ショット

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回は昨年のワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)でバンタム級の頂点に立った井上尚弥(大橋)だ。

 ちょうど1年前の5月18日(日本時間19日)の準決勝でIBF王者(当時)エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)を2回1分19秒TKOで下し、圧倒的な力を見せつけた一戦に解説者としてスコットランド・グラスゴーの会場に足を運んでいた元WBC同級王者の山中慎介氏がインスタグラムを更新し、元世界3階級制覇王者・長谷川穂積氏を含め、バンタム級のレジェンド3ショットを公開し反響を呼んでいた。

 伝説の王者3人が勢ぞろいした。試合を終えたばかりとは思えないくらい綺麗な顔の井上を中央に、右側には青のジャケットを着用し、井上を指さす長谷川氏。そして逆サイドではグレーのスーツ姿の山中氏がファイティングポーズを作っている。

 バックには英ロンドンの観光名所タワーブリッジ。グラスゴーで試合を終え、ロンドンまで移動したあとに撮影された1枚だ。

豪華3ショットにファンも興奮「この写真、待ち受けにしたい」

 バンタム級で最強を誇る井上。WBCのベルトを10度防衛した長谷川氏。そのベルトを受け継ぐようにして12度防衛した山中氏――。伝統的に強豪ひしめく階級にあって一時代を築いた男たちが勢ぞろいした圧巻の3ショットだ。

 山中氏は「あきれる強さ」とだけつづり豪華3ショットを公開。ファンからは「日本の宝が3人並んだ!」「ビッグ3」「このショットはヤバい」「この写真、待ち受けにしたい!」などと反響のコメントが書き込まれていた。

 山中、長谷川の両氏は11月のWBSS決勝でノニト・ドネア(フィリピン)を破った後も、井上の強さに絶賛のコメントを残していた。現役時代、圧倒的だった2人にとっても規格外の怪物の姿は驚きの対象でしかない様子だ。WBO王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦が待ち遠しい。(THE ANSWER編集部)