英在住の記者がスコットランドでの思い出回想「お気に入りのファイターに…」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)はWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦を控えている。米ボクシング専門誌「ザ・リング」の名物コラムニストは5月17日を自身にとっての“モンスター記念日”と紹介している。その理由とは――。

 5月17日深夜、ジムで腕を組んだモンスターにレコーダーを向ける写真を自身のツイッターで公開したのはリング誌のトム・グレイ記者だった。

「1年前のこの日、私にとってボクシング界でお気に入りのファイターにインタビューした」

 1年前の5月17日と言えば、英スコットランドのグラスゴーの「SSE Hydro」でワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)準決勝で前IBF世界王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)と対峙する前日だった。リング誌のベルトもかけられた無敗同士の一戦は、事実上の決勝戦とも目されていた。

 英国在住のグレイ氏は「ザ・モンスターはエマヌエル・ロドリゲスとのリングマガジンとIBFバンタム級タイトルマッチに向け、絞っていた」とグラスゴーのジムでの、決戦直前の様子を振り返っている。

 圧倒的な強さで2ラウンドTKO勝ちを収めた井上をお気に入りというグレイ記者。昨年11月のWBSS決勝のノニト・ドネア(フィリピン)戦の際には来日し、さいたまスーパーアリーナで取材していた。

 記者歴20年を超える名物コラムニストにとっても、モンスターへのインタビューは思い出深いものだったようだ。(THE ANSWER編集部)