[記事提供:健康わくわくサイト 人生100年時代に役立つトレヴィアをお届けします]

むかしの「思い出話」しながら歩いてみるのは如何でしょうか?


10円玉を次々に入れて話した赤電話。友達に悩みを聴いてもらったっけ・・・。今私の脳は追憶によって活性化状態です。


お墓参りは脚や腰の運動による身体力の他に記憶を呼び覚ます脳力も働いている。


 軽度認知障害(MCI)の時から運動習慣を身に付けると、認知症に対する予防効果が望めます。

更なる効果が期待できる運動にデュアルタスク・トレーニングがあります。

デュアルタスク(2種類の作業と訳しますが)とは運動する際に脳も一緒に使うことです。

踏み台や階段など、段差を上り下りしながら簡単な計算をするトレーニングです。みなさんもテレビなどで観たり聞いたりしたことがあると思います。科学的に裏付けされている予防法なのですが、もともと計算が苦手な人もいるし、果たして楽しみながら継続できるか?疑問に思ってしまいます。

楽しくなければ続けることはできない。続けなければ効果は期待薄です。

・今すぐ読みたい→
10分ずつジョギング時間を延ばす「+10」(プラス・テン)運動の効果 https://cocokara-next.com/fitness/plus-10-jogging/

 群馬県の高崎市では認知症予防プログラムの一環で ≪ひらめきウォーキング教室≫ が実施されています。『楽しく歩く習慣を身に付けましょう!』という目標に向かって工夫を凝らしている教室です。

そのひとつに「ひらめきウォーキングマップ」を教室の参加者に配っているそうです。このマップには高崎市にちなんだ名所(高崎白衣大観音)や特産品(高崎だるま)、地元の大規模な行事(高崎花火大会)などを人生ゲームの様に配置して、歩いた分だけ駒を進めましょうというマップです。

この「ひらめきウォーキングマップ」は地元ならでは手作り感や温かみを感じます。

楽しみながら歩くためのユニークな仕掛け(東海道五十三次や宇宙戦艦ヤマトのゴール地点のイスカンダルをめざす)の歩数計がありました。これらは歩くことを習慣にしてもらいたいという気持ちから生まれたアイデアです。

 また同県桐生市の介護老人保健(老健)施設では、入所者の認知症ケアで調理活動を取り入れたそうです。群馬県はそのむかし、自家製うどんを食べる習慣があって、各家庭でうどんを打っていたそうです。

うどん打ちの習慣が盛んだった頃、家事のお手伝いしていた高齢者に、その行動をふたたび実践してもらうのです。もちろん各入所者の認知症の進み具合を考慮に入れて、可能な作業で参加してもらうのです。

うどん粉をこねるところから始まって調理して食べるところまで、参加者がどの段階で係ってもよい。

とにかくみんなで楽しんでもらうことが最も大切なプログラムなのです。

大久保流手打ちうどんを打って料理を完成させるまで、いろいろな作業がありますよね。丸く延ばしたうどんを細く切る作業に包丁が必要ですし、麺を茹でたり、だしつゆを作ったりするのに火を使います。

不慮の事故などが危惧されたそうですが、各人が担当した作業を問題くこなしてくれたそうです。作業の手際の良さを褒めたり、若かりし日々を呼び起こす会話が会場にあふれていたのではないでしょうか。

ほのぼのとした様子が目に見えるようですね。高齢者の方々が終戦後に苦労して行ってきた生活習慣が、しっかりと頭のどこかに記憶されている。

要するにむかしの記憶を蘇らせながら運動することが、上述のデュアルタスク・トレーニングになり得ると思いました。私事ですが青梅マラソンで蘇った記憶や、ごはんが炊ける時のにおいによるプルースト効果についてお伝えしました。

今年元旦に自宅近くの都立霊園をジョギングしていた時に見掛けた光景。

あるお墓の前でキャンプで使う折り畳み式の椅子に座って、ご婦人たちが談笑していました。各々の手にはカップを手にしてお茶しているのです。

それを見掛けた時閃きました!

確かにデュアルタスクトレーニングは日常生活の習慣としての予防法で、「お墓参り」は日課にできない。だけど一石三鳥、要するにトリプルタスク・トレーニングになること・・・。

少しオシャレに身支度して出掛けると気が晴れます。お墓で眠っている故人はもちろんですが、かわいがっていたペットを偲びつつ、その頃の逸話を声に出して話してもらうのです。気持ちがこもった相づちだけでも、話してくれた人に安らぎのひとときを与えられるように思ったのです。

むかしなつかしい記憶を思い出す(脳の活性化)
+ それを話題としておはなしする(オーラルトレーニングと腹筋運動)
+ お墓参りのウォーキング(有酸素運動)
= トリプルタスク・トレーニング

このように運動しながら脳を働かせることって他にもあるはずです。お墓参りで歩くこと,思い出すこと,おはなしすることに満足感が湧いたら、独自のデュアルタスクトレーニングを実行できるかも知れません。

参考;2018年11月17日開催 認知症ケア資質向上のための研修② 地域・住宅・施設における認知症ケアと関わり 訪問看護ステーション 花あかり 村井達彦先生 聴講内容より

[記事提供:健康わくわくサイト 人生100年時代に役立つトレヴィアをお届けします]

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
10分ずつジョギング時間を延ばす「+10」(プラス・テン)運動の効果 https://cocokara-next.com/fitness/plus-10-jogging/

株式会社SOily 代表取締役 岡本 頼幸


幼少時代から生命の不思議に取り付かれてきました。
生体の分化発生の不思議を研究 ~ 免疫検査を通しての患者様への想い ~ 医療・健康機器のユーザー様から頂いた奉仕の心・・・。
これらのことから医療・健康の大切さを、長年にわたって実感して参りました。
今、予防医療というポピュレーションストラテジーが重要になっています。
更に「競技スポーツ」に「健康スポーツ」という親しみ易い概念も取り入れようとしています。
みなさまが人生の目的を達成するために大切な、「健康」についてのトレヴィアをお届けしたいと思っています。
みなさまの目となり耳となりそして足となって得た豆知識を、私の経験を交えてできるだけ分かり易くお伝えできれば幸いです。