マクレガー「私はフロイドを倒す。人生をかけて約束するよ」

 総合格闘技のコナー・マクレガー(アイルランド)がボクシングの元世界ヘビー級王者マイク・タイソン氏(米国)に因縁の元5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)に雪辱を誓った。米スポーツ専門局「ESPN」が報じている。

 マクレガーがボクシング界のレジェンドに約束を交わした。記事によると、発端となったのはタイソン氏が自身のポッドキャストで語ったコメントだった。17年にマクレガーがメイウェザーと戦った世紀の一戦に言及。当時は10回TKO負けを喫しているが、戦いぶりを称賛したという。

「見応えのあった試合だったが、ただ見応えがあった試合だったという感想だけじゃない。聞いてくれ。彼はこの100年の中で最高のボクサーを相手に10ラウンドまで戦ったんだ。その中でハードパンチもたくさん食らわせた。彼は使命を果たした。彼が誰と戦い、その相手に何をしたかを考慮すると凄さが分かるさ」

 本職ではないボクシングマッチでメイウェザーと10回まで熱戦を展開し、見せ場を作った戦いぶりを評価。これに、マクレガーがツイッターで反応したという。

「マイク、ありがとう。再戦になったら、私の持つフロイドの戦い方に対する知識を駆使し、ボクシングコーチの指導の下、その勝利へのパズルを解くさ。そして、私はフロイドを倒す。人生をかけて約束するよ。そして、アイアン・マイクが復帰することを楽しみにしている」

 このように記し、メイウェザーとの再戦に意欲を燃やし、雪辱を宣言。それと同時に現在、チャリティーマッチで復帰が取り沙汰されているタイソン氏にエールを送っていた。(THE ANSWER編集部)