脱水症状とは、生命維持に不可欠な体液が不足している状態をいいます。脱水症状は夏に起こりやすいと思われがちですが、実は寒暖の差が激しい春先こそ「隠れ脱水」に陥りやすいことをご存じですか。隠れ脱水のリスクや予防のポイントについてご紹介します。

・今すぐ読みたい→
一日に飲むべき水の量は? https://cocokara-next.com/lifestyle/amount-of-water-to-drink-per-day/

隠れ脱水とは


隠れ脱水とは、脱水症の一歩手前の段階です。本人に自覚症状がないため、有効な対策をとれないまま進行し、本格的な脱水症に陥るリスクがあります。

私たちの身体の大部分を占めるのが水分です。その割合は、子どもでは体重の70~80%、大人では約60%、高齢者の場合は約50%に及びます。

この身体に含まれる水分を体液といい、酸素や栄養の輸送、不要な老廃物の排出、体温の維持・調整など、様々な役割を担っています。脱水症状に陥った身体は、体液が不足しているので、生理的機能がうまく働きません。

脱水症状が悪化すると、頭痛や吐き気、筋肉けいれん、意識障害などの重い症状を引き起こす可能性があります。隠れ脱水のときに気づいて、有効な対処をとることが大切です

季節の変わり目に隠れ脱水が起こりやすい理由

冬から春にかけての季節は、乾燥により水分が不足しやすくなっています。しかし、夏場ほどのどが渇かないので、つい水分補給を忘れがちです。

さらに、春は気温の上昇や環境の変化といった要因から、身体の水分バランスを崩しやすい傾向にあります。こうした背景から、気づかないうちに脱水症状に陥るケースも少なくありません。特に、子どもや高齢者の場合、自覚症状が乏しいので注意しましょう。

隠れ脱水を防ぐには

私たちは皮膚や粘膜、吐く息から、常に水分を失っています。これを「不感蒸泄(ふかんじょうせつ)」と呼びます。その量は排泄を含めると2.5リットルにも及ぶため、適切な水分補給が必要です。

ただし、やみくもに水を飲んでも十分な効果は得られません。以下のポイントを押さえましょう。

●のどが渇く前に水分を摂取する
のどが渇いていなくても、こまめに水分をとることが大切です。起床時や入浴後など水分が失われやすいタイミングで、コップ1杯の水を飲む習慣をつけましょう。毎日の食事に、野菜や果物などの水分が多い食材を積極的に取り入れるのもおすすめです。

●電解質(塩分)を補給する
隠れ脱水や脱水症が起こったときは、身体から水分だけでなく電解質(塩分)も失われた状態です。水やお茶に加えて、ナトリウム(塩分)が含まれた経口補水液やスポーツドリンクも摂取し、失われた電解質を補いましょう。

●部屋の湿度を50%以上に保つ
エアコンなどを使用して部屋の湿度が下がると、その分不感蒸泄が増えて、脱水症状に陥りやすくなります。加湿器を使う、洗濯物を部屋干しにする、といった方法で室内の湿度を一定に保つようにしましょう。

季節の変わり目は、年代を問わず脱水症状が起こりやすくなっています。のどの渇きを覚えなくても、口の中が渇いて粘る、手先がカサついているなどの変化に気づいたら、症状が軽いうちに対処しましょう。

【参考】
『冬でも注意「冬の脱水症状」』一般社団法人千葉市医師会
https://chiba-city-med.or.jp/column/090.html
(参照 2020-02-28)

「けんこうフィットNEWS – 健康にまつわる情報がぎゅっとつまった楽しく読める無料のアプリです。(https://www.nas-club.co.jp/kenkofitnews/」

※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

・今すぐ読みたい→
一日に飲むべき水の量は? https://cocokara-next.com/lifestyle/amount-of-water-to-drink-per-day/