当時19歳、トップモデルとして活躍するテイラー・ヒルさんの始球式

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けプロ野球の開幕は再延期が決まった。選手、ファンにとってはもどかしい時間が流れているが、こんな時こそ過去の名場面を振り返り、少しばかり気分を晴れやかにしてみるのはいかがでしょうか? これまで過去に数々の有名人が登場した始球式を振り返ってきたが、番外編として海外の始球式の様子を紹介する。

 2015年8月5日、USセルラー・フィールド(現ギャランティード・レート・フィールド)で行われたホワイトソックス対レイズ戦の始球式に登場したのはトップモデルとして活躍するテイラー・ヒルさんだった。

 18歳の時に米国のファッションブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」のエンジェルに大抜擢されたヒルさんは黒のタンクトップ&パンツスタイルで登場すると左腕からワンバウンド投球を披露した。

 ヒルさんは現在24歳でインスタグラムのフォロワー数は1400万人超え。“第2のミランダ・カー”との呼び声も高く、人気モデルとして大活躍している。(Full-Count編集部)