去る5月5日、ヴァネッサ・ブライアントは、38歳の誕生日を迎えた。悲しくも、亡き夫コービー・ブライアント(元ロサンゼルス・レイカーズ)からのプレゼントは受け取れなかったが、ヴァネッサは誕生日の前日にとあるものを見つけていた。

 それは、生前のコービーがヴァネッサに向けて書いた一通の手紙。彼女はそれを一晩大切に手元に置き、誕生日の当日に旦那からのプレゼントとして開封したのである。

 

 封筒には「The Love of my Life. From, Tu Papi.(僕の人生の最愛の人へ、パパより)」との文字。そして、その表紙には、天使がヴァネッサを抱きかかえる写真を手に持ったコービーの姿が描かれていたという。

 ヴァネッサはその旨を自身のInstagramで明かし、「私の人生の最愛の人と、同じ牡牛座である私の可愛い可愛い娘が恋しいです。でも今日、大切な娘3人と目覚めることができたことに、とても感謝しています。いつまでも一緒にいられますように」と綴っている。


 ちなみに、ヴァネッサの誕生日から4日前の5月1日は、コービーとともに命を落としたジアナの誕生日だった。この日もヴァネッサはInstagramを更新。そして、愛する娘に向けて感動的なメッセージを伝えている。

「大好きな可愛い娘のジアナ、14歳の誕生日おめでとう。お母さんは、あなたに示したよりもずっと、あなたのことを愛しています。あなたは一生、私の心とともにあり続けるからね。本当に、あなたがいない毎日が寂しくてなりません。私が起きた時、あなたが横にいてくれたらと思います。あなたの笑顔、ハグ、笑い声が恋しくて仕方がないです。ジジ、あなたの全てが恋しい。心の底から愛してるよ!!」




 悲しくも、今年のジアナとヴァネッサの誕生日は家族全員では祝えなかった。しかし、ヴァネッサの愛情は必ず彼らに伝わっているはずで、2人も天国から満面の笑でヴァネッサの誕生日を祝福したに違いない。