スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―2018年のGPファイナルで圧巻の16歳V

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回はフィギュアスケート、2018年グランプリ(GP)ファイナルだ。シニアデビューイヤーだった当時16歳の紀平梨花(関大KFSC)が合計233.12点で優勝。浅田真央以来、日本勢13年ぶりとなるシニア1年目のファイナル制覇を達成した。平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)を抑えた戴冠を海外メディアも「日本の奇才、リカ・キヒラ」と評し、続々と伝えた。

 日本の超新星が快挙をやってのけた。フリーナンバー「Beautiful Storm」に乗せた紀平は冒頭の3回転アクセルで手をつくミス。しかし、3回転アクセル―2回転トウループを綺麗に決めると、3回転ループも立て続けに着氷させた。中盤、キレのあるステップ、スピンを見せると、中盤以降も3回転ルッツ―3回転トウループなど、コンビネーションも含め、ジャンプを着実に決めた。

 滑り終えると、日の丸が揺れる観衆から大歓声が降り注ぎ、ほっとしたような安堵の表情。浜田コーチと抱き合い、労われた。

 バンクーバーの地で打ち立てた快挙は瞬く間に海外を駆け巡った。IOC運営の五輪専門サイト「オリンピックチャンネル」は公式ツイッターで「16歳リカ・キヒラの信じられないデビューシーズンは続く」と速報し、公式サイトでは「リカ・キヒラがISUグランプリファイナル優勝を果たす」と見出しを打ってレポートしている。

 記事では紀平を「日本の奇才、リカ・キヒラ」と評した上で「16歳は練習でトリプルアクセルに挑戦して失敗し、本番でも失敗した。しかし、紀平は力強く立ち直り観客を沸かせた」と演技内容をレポート。「紀平にとってフィギュア界の注目を集めた今季は、シニアレベルでの素晴らしいデビュー年となっている」と賛辞を送った。

米大手放送局も報道「キヒラがザギトワを下す」

 演技後の公式会見でザギトワ、トゥクタミシェワとのフォトセッションで真ん中に立ち、3人でおちゃめに表情を決めるシーンを公式ツイッターに画像付きでレポートするなど、リンクを降りれば16歳らしい素顔も紹介していた。

 米大手スポーツ専門局「NBCスポーツ」は「リカ・キヒラがグランプリファイナルでアリーナ・ザギトワを下す」と特集し、記事では「キヒラは今季、ジャンプの強さを大幅に高め、8本のトリプルアクセル挑戦のうち4本でクリーンに着氷し、出場した4大会全てに勝利している」とレポート。

 日本勢にとってシニア1年目でGPファイナルを制するのは浅田真央以来、実に13年ぶりの快挙。同い年の平昌五輪女王ザギトワとのシニア初対決を制し、世界に鮮烈なインパクトを与えた。2019年も4大陸選手権を制すなど安定した成績を残した。2022年の北京五輪で、日本のエースとしてかかる期待は大きい。(THE ANSWER編集部)