57歳とは思えない軽快な動きを披露、「I’M BACK」と一言

 カムバックを発表したボクシング元世界ヘビー級3団体王者の57歳イベンダー・ホリフィールド氏(米国)。因縁の相手・マイク・タイソン氏(同)に続く、エキシビションマッチでのリング復帰へ向けてハードなトレーニングを開始。57歳とは思えない、キレッキレのミット打ちを披露し驚きを呼んでいる。実際の映像を米スポーツ専門局「ESPN」の情報番組「スポーツセンター」が公式インスタグラムで公開している。

 タイソンに負けてはいられない。ライバル・ホリフィールドも復帰へ向けてシャープな動きを披露した。軽やかにロープを跳ぶ姿は57歳にはとても見えない。そしてミット打ちでは、キレッキレのフットワークから繰り出すパンチも披露した。最後に「I’M BACK」と一言。さすがはレジェンドボクサー、練習風景も絵になる。

 同アカウントでは、「『俺は戻ってきた』と57歳のイベンダー・ホリフィールドはマイク・タイソンと同様に、トレーニングのためにジムに戻ってきた」とキャプションを添えて投稿。するとファンからは驚きの声が続々と上がっている。

「タイソンに続き、ホリフィールド?次は誰?」
「なんてことだ!」
「タイソンが別の耳を狙いにやってくるぞ」
「言葉が出ない。感動している」
「最高だ!」
「誰かと戦ったら死人が出るぞ」
「再戦のチケットを予約したい」

 動画の再生回数は110万回を突破。4000件以上のコメントが付くなど、大きな注目を集めている。

 53歳タイソンもド迫力のミット打ちを公開し、話題となっていた。2人が相まみえる日は来るのか。そうなれば盛り上がりは必至だ。(THE ANSWER編集部)