スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―2018年世界選手権、表彰式での名シーン

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回はフィギュアスケートの2018年世界選手権の一幕だ。ケイトリン・オズモンド(カナダ)が優勝、樋口新葉(日本橋女学館高)が銀メダル、宮原知子(関大)が銅メダルを獲得した後の、表彰式ではオズモンドがリンクで転んでしまうハプニングが発生。樋口と宮原が咄嗟に手を差し伸べる微笑ましいシーンを海外記者が動画付きで紹介し、「愛すべきワンシーン」「一流の対応だわ」と2人の行動が話題を呼んだ。

 まさかのシーンだった。表彰式に登場したメダリストの3人。リンク上をそろって滑って周り、優勝したオズモンドは両手で母国の大きな国旗を掲げながら、先頭で客席の声援に応えていた。そんな瞬間だった。ファンに視線を送るあまり、足元にセレモニー用のカーペットが敷かれていることに気づかずにつまずいてしまい、つんのめるようにして最後は転んでしまった。

 一瞬、ヒヤッとした場内。しかし、すぐさま上体を起こしたオズモンドは国旗にくるまるようにしてちょこんと座り、「なんてことなの」といった表情で、恥ずかしそうに笑みを浮かべていた。後ろを滑っていた樋口と宮原は心配そうに近寄り、無事を確認すると、最後は笑いながら優しく手を差し伸べ、オズモンドを立たせてあげていた。

 なんとも微笑ましいシーンの一部始終を、米国のニック・ザッカルディ記者は「ケイトリン・オズモンドがメダルのセレモニーで転げ落ちる」とツイッターに動画付きで紹介。ジャッキー・ウォン記者も「国旗の下、時たま見るチャンピオンの周遊、つまずき、そして、ひっくり返り」とユーモアたっぷりに紹介した。

樋口&宮原に称賛の声も…「優美な手助けだ」「一流の対応だわ」

 映像を観たファンからは「この転倒が演技中じゃなくて良かった!」「お茶目でキュートな女王の誕生」と可愛らしいリアクションをしたオズモンドに対する声とともに、すぐさまフォローした樋口と宮原に対する声も集まった。

「転倒直後にワカバとサトコが駆け寄って手を差し伸べたのが愛すべきワンシーンだ」「オーマイゴッド、今このシーンを確認した。優美な手助けだ」「全く同意。一流の対応だわ」などとコメントが相次いでいた。

 優勝の大本命とみられていたアリーナ・ザギトワ(ロシア)が5位に終わる波乱が起こるなど、結果こそ、それぞれに明暗が分かれたが、競技を一歩離れれば、競技仲間としてリスペクトし合うのがスケーターの美しさでもある。

 演技では完璧な滑りを見せながら、思わぬ形で“転倒”してしまったお茶目なオズモンド。咄嗟の出来事にもかかわらず、一流の振る舞いを見せた樋口と宮原。2018年のミラノでのワールドは記憶に残る一つのシーンとなった。(THE ANSWER編集部)