プロレスラーのオカダ・カズチカは4月29日、音声配信サービス「Now Voice(ナウボイス)」を初めて投稿し、今の気持ちを子どもたちへ発信した。「試合に出られずふてくされていたが、時間あるので気持ちを切り替えた。ジムで身体を鍛え、練習もたくさんした」とアメリカでの修行話を披露。

結果的に強くなって日本でチャンピオンになれたが「今でもあの時、有効的に時間を使えば良かったと後悔している」と当時を振り返り、「子どもたちには後悔して欲しくないのでやれることはたくさんやろう」などとアドバイスしている。

■オカダ・カズチカ選手の新着Voice「日本の子供たちへ」は【こちら】から。

■「NowVoice」について
「NowVoice」は、世の中に強い影響力を持つ、アスリートをはじめとした各界のトップランナーの音声が、月額900円(税抜)で聴き放題となる定額制のプレミアム音声サービスです。トップランナーの「声」は、何気ない一言でもヒトの人生を変える力があります。トップランナーたちの本音の「声」を直接ユーザーに届けることで、人生をより楽しく、元気に、幸せにする「きっかけ」の創出を目指しています。トップランナーは、今後アスリートのみならず、タレント・ミュージシャン・経営者・文化人など、様々なジャンルの方々の拡充を予定しています。 

サービスURL:https://voice.nowdo.net