スポーツクライミングの野中生萌は4月29日、音声配信サービス「Now Voice(ナウボイス)」を初めて投稿。新型コロナウイルス感染拡大という逆境に打ち勝つ“術”を子どもたちに伝授した。野中は競技生活での苦労話に触れ「ワールドカップ直前でケガをしてしまい、シーズンを棒に振り辛かった」と悲観したが、未来を見据えて苦難を乗り越えた。「常に目標を持ち、先の未来へ向けて自分の心がワクワクすることをを見つけ、それに取り組む事が大事」と先を見据えるよう促している。

■野中生萌選手の新着Voice「日本の子供たちへ」は【こちら】から。

■「NowVoice」について
「NowVoice」は、世の中に強い影響力を持つ、アスリートをはじめとした各界のトップランナーの音声が、月額900円(税抜)で聴き放題となる定額制のプレミアム音声サービスです。トップランナーの「声」は、何気ない一言でもヒトの人生を変える力があります。トップランナーたちの本音の「声」を直接ユーザーに届けることで、人生をより楽しく、元気に、幸せにする「きっかけ」の創出を目指しています。トップランナーは、今後アスリートのみならず、タレント・ミュージシャン・経営者・文化人など、様々なジャンルの方々の拡充を予定しています。 

サービスURL:https://voice.nowdo.net