インスタグラムで公表「私は回復に向かいつつあります」

 フィギュアスケートのトリノ五輪アイスダンス金メダリスト、タチアナ・ナフカ氏が新型コロナウイルスに感染していることが明らかになった。自身のインスタグラムで公表している。夫でプーチン大統領報道官であるドミトリー・ペスコフ氏も同時に感染しているという。

 今なお、感染拡大が続くロシア。現在までに感染者数は23万2000人以上とされており、米国に次ぐ世界2位の数字だ。現在45歳のナフカ氏と、夫で政府の要職についているぺスコフ氏も感染。ナフカ氏はインスタグラムに長文を投稿し、現状を報告している

「親愛なる皆さん、そしてすべての私たちの友人の皆さん、夫とともに私が新型コロナウイルスへの感染が確認され、入院したことを伝えたいと思います。ウイルス(への感染)が実際に初期症状の段階で見つかったので、自分たちの家族をさらなるリスクにさらさないように、適切な対策を講じることができました。

 私は回復に向かいつつあります、もう熱はなく、咳もありません、抗生物質すら飲む必要がないようです。女性のほうがこのウイルスを克服しやすいと言われていますが、多分そうでしょう。最近の症状として、まったくにおいを感じません。夫の状況は少し、私よりも難しいものです。ですが我々の献身的でプロフェッショナルな医師たちのコントロールのもと、すべてうまくいっています!」

SNSには届いた激励に感謝「心配しないでください」

 ナフカ氏は感染したものの、幸いにも症状は軽度の様子。だが、やはりにおいを感じないという症状を自覚している。一方で夫のペスコフ氏についても、適切な処置を受けて状況は改善している様子だ。

 多くの激励のメッセージが届いているようで、これについては「今、とてもたくさん頂いている温かい言葉、そして健康の回復を願ってくれて、ありがとうございます! 心配しないでください、私たちはかならず全快します。ここで、私がさらに何にあなたたちの注意を向けさせたいかと言いますと、大事なのはパニックにならないこと。でも、かならず自分の体に注意を払ってください。個々で症状は違っています。例えば、私は体温がすぐに高くはね上がりましたが、夫の場合は数日高くありませんでした。自分を大事にして健康でいてください!」と自身におきた具体的な症状を記し、注意喚起している。

 ナフカ氏の投稿には激励や回復を祈るメッセージが殺到。現在までに5000件を超えるコメントが書き込まれている。(THE ANSWER編集部)