スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―2018年GPシリーズでの織田さんと美女2人の3ショット

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回は2018年11月にフィギュアスケートの織田信成さんが公開し、話題を呼んだ“両手に花”の共演だ。解説のため訪れていたグランプリ(GP)シリーズ第5戦ロステレコム杯でロシアが誇る美女スケーターに挟まれた3ショットを公開すると、3万件を超える大反響となった。

 同年のロステレコム杯では羽生結弦(ANA)らが熱戦が繰り広げた裏で、織田さんはロシアが誇る名スケーター2人と対面が実現。自身のツイッターで息を呑むような3ショットを公開し、話題を呼んだ。

 解説を務めた織田さんはスーツ姿でにっこり。その左側で黒のジャケットをまとい、金髪のロングヘアをなびかせるのは14年世界選手権銅メダルのエレーナ・ラジオノワ。右側で黒の革ジャンで決めているのはソチ五輪団体金メダルのユリア・リプニツカヤだ。どちらもロシアが誇る美女スケーターで、2人に肩を手を回した織田さんもデレデレの様子だ。

 そして、右の後ろには歩きながら3人に視線を送る松岡修造さんも偶然といった様子で映り込んでいる。投稿では「ラジちゃんとリプちゃんと美女に挟まれてデレデレののぶちゃん」と茶目っ気たっぷりにつづり、さらに「とちら修造さん。修造さんいつもありがとうございます」と一緒に現地中継した“ちら修造さん”にメッセージを送っていた。

織田さんをうらやむ声が多数「美女2人に囲まれて幸せそう」

 2人の姿を久しく見られなかったファンも多く、すっかり大人びた名手の美しさを目の当たりにして返信欄は、大喜びのコメントが相次いだ。

「本当に、大人っぽく綺麗で」「両手に花」「羨ましい~」「ロシア美女2人に囲まれて幸せそう」「元気そうなお顔を見れて嬉しい」「素敵なお写真です」と美女に挟まれた織田さんを羨む声が相次ぎ、一方で「修造さんの表情が。。」「ひょっこり松岡修造さん」と映り込んでいた修造さんの表情に目を奪われたファンもいた。

 解説者としても選手思いの語り口と分かりやすい解説で人気を集めている織田さん。最近はおうちカフェと題して、完成させたスイーツなどをツイッターに投稿。こちらも話題を集めている。(THE ANSWER編集部)