トルソワや11歳天才少女もエテリ氏から離れる、皇帝「私は新しい選手を受け入れる」

 フィギュアスケートのアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)がコーチのエテリ・トゥトベリーゼ氏のもとを離れ、皇帝エフゲニー・プルシェンコ氏に師事することになったが、これに続いて11歳の天才少女も移籍を決断。プルシェンコ氏が「私は勧誘していない」と話していることをロシアメディアが報じている。

 アリョーナ・コストルナヤ、アンナ・シェルバコワとともに“天才3人娘”として2019-20年のフィギュア界を席巻したトルソワの“電撃移籍”。師事していたトゥトベリーゼコーチのもとを離れたが、トルソワに続いてコーチのセルゲイ・ロザノフ氏、11歳の天才少女ベロニカ・ジリナもエテリ氏のチームからプルシェンコ氏のアカデミーに移籍したことを、ロシアメディア「sportmk.ru」などが報じた。

 同メディアは、同国メディア「rg.ru」のインタビューを要約する形で、プルシェンコ氏の記事を掲載。「移籍がどのようにして起こるのか」という質問に同氏はこう答えている。

「私は何人かの人が言うように、財政的な面などで他のスケーターを勧誘したり、何かをもって自分のところへ引き寄せることはしません。(皆さんが)知っているように私はいつもオープンです。私と会うのは簡単です。簡単に電話が通じます。そして最近、よく電話がかかってきています」

電話の相手は選手ではなく両親「これは彼女たちの両親が下した決断です」

 こう語ったプルシェンコ氏。アカデミーの金銭的な目的などで有望選手を集めていることを否定している。電話の相手について、選手たちが自分からかけてきたのかという質問には「いいえ、彼女たちはまだ小さいですから」と返答。「『子どもたちが移籍する決断をしました』と、私に彼女たちの両親が伝えました。だから、これは彼女たちとその両親が下した決断です」と説明している。

 五輪金メダルなど頂点を極めたプルシェンコ氏。今後も加入してくる可能性もあるようで、こう言葉を並べている。

「私は新しい選手たちを受け入れます。そうトゥトベリーゼ氏のグループを去った15歳のサーシャ・トルソワや、もうすぐ12歳になるベロニカ・ジリナを受け入れたように」

 15日に12歳となるジリナは、3月に練習で3回転アクセルを成功させた。記事によると、昨年10月の練習中に4回転サルコウを、12月の大会で4回転トゥループにも成功。ロシア国内で人気のフィギュアスケート番組に出演するなど広く知られている逸材だという。(THE ANSWER編集部)