タイソンがミット打ちで気合「ハッ! ハッ!」、至近距離で撮られた動画が凄い

 53歳でエキシビションマッチ出場の可能性が浮上しているボクシングの元世界ヘビー級3団体王者マイク・タイソン氏(米国)が11日(日本時間12日)、インスタグラムを更新。ミットめがけてパンチを“乱れ打ち”する動画を新たに公開すると、再生回数は530万回を突破し、ド迫力の姿にファンから「弾丸パンチ」と驚きの声が集まっている。

 やっぱり野獣だ。タイソンは複数のミット打ち動画を組み合わせた映像を公開。「ハッ! ハッ!」「うあ゛ー!」と雄叫びを上げながら、フック、ボディーを次々と打ち込んでいく。重たい衝撃音も凄い。ガードを固めたままのダッキングから、強烈なフックを繰り出した。至近距離で撮られたド迫力の映像だ。

 髭を蓄えたタイソンは、動画の最後に「I’m back(俺は戻ってきた)」とコメント。文面に「機敏になれれば何をするのも可能になる。スマートになるためのトレーニングだ。抜け目ない動きに戻るぞ」とつづると、ファンからは「調子がよさそうだね」「注目だ」「レジェンドが帰ってくる」「惑星で最もハードワークをこなすアスリートだ」「地球上で最も偉大なショーの始まりだ」「スリムだ」「誰もこの弾丸パンチを受けたくない」と絶賛の声が相次いでいる。(THE ANSWER編集部)