相手候補にウィリアムズら浮上も「関心を示していない」

 チャリティーマッチでの復帰が取りざたされているボクシングの元ヘビー級3団体王者マイク・タイソン(米国)。53歳でのリング復帰の相手には、オールブラックスの英雄ソニービル・ウィリアムズ(ニュージーランド)らの名前が浮上しているが、タイソンサイドは、「ボクシングへの冒涜」だと憤っているようだ。米メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

 同メディアによると、タイソンの“復帰戦”の相手にはウィリアムズ以外にも、オーストラリアン・フットボールの名選手バリー・ホールや、ポール・ガレンらの名前が挙がっている。だが、タイソンが求めているのは“本物のボクサー”だという。

「マイク・タイソンはビル・ウィリアムズとの試合を『ボクシングへの冒涜』と認識。本物のボクサーとの試合を臨む」と題した記事では、「チャリティーマッチの相手に関して、マイク・タイソンはソニー・ビル・ウィリアムスやポール・ガレンといった候補に関心を示していない」と伝えている。

 ウィリアムズはボクサーとしても7戦全勝(3KO)の実績を誇るが、それでもタイソンの興味を引くまでには至っていないようだ。

憤りを隠さず「ボクシングへの冒涜に当たる」

 記事によると、豪州でのイベント開催を画策するプロモーターのブライアン・マトゥルーダ氏は、タイソンと過去に関係のあったエージェント、マックス・マークソン氏と介して、タイソン陣営と交渉。しかし提案された対戦相手には興味がないという反応を返されたという。

 マトゥルーダ氏が受けたメッセージは次のようなものだったという。

「マイクは、ラグビー選手と対戦するかもしれないということを知っている。それについて彼は、ボクシングへの冒涜に当たるから試合をしたくないと語った。そして、相手が本物のボクサーであればリングに戻って良いとも語っている」

 チャリティーマッチであることが伝えられているが、あくまでタイソンがリングに上がる以上、対戦相手にもボクサーを希望しているようだ。(THE ANSWER編集部)