3月に引退表明、金メダリストの恐怖をロシア放送局が伝える

 フィギュアスケートのソチ五輪金メダリスト、アデリナ・ソトニコワ(ロシア)。3月に現役引退を表明したが、現在は氷上に戻る恐怖と戦っているようだ。地元放送局「ロシアトゥデー」が報じている。

 23歳で競技からの引退を決断し、アイスショーに活動を限定していたというソトニコワ。同メディアは「ソチ五輪金メダルのソトニコワが背中の手術を終えた後の思い語る『氷上に戻るのが怖い』」との記事で、術後の恐怖と戦う元女王の現在を伝えている。

 ソトニコワは今年3月に背中の手術を行ったとされており、記事では術前の状態について「負傷による痛みが極めて深刻なものとなっていて、『きちんと寝ることや座ることもままならない』」と説明している。

 記事によると、術後、回復に努めたソトニコワは、ロシアが新型コロナウイルスの影響を受けてロックダウンとなる中で、自身のインスタグラムでトレーニングの様子を伝えていたが、氷上に戻ることに関しては次のように語っているという。

恐怖心取り除くため「臨床心理士と作業の必要がある」

「今はまだ手術による恐怖心があります。背中の手術はとても大掛かりなものです。氷上に戻るとなると、やはりこの手術から来る怖さがあります。というのも、氷上には3か月も立っていませんから。

 心理的に、3回転ジャンプは跳べそうにもありません。臨床心理士とこうした恐怖心を取り除く作業に取り掛かる必要があるでしょうね」

 ソトニコワは2014年、ソチ五輪で女子シングルではロシア勢史上初となる金メダルを獲得。6位に終わった15-16年ロシア選手権以来は休養が続き、今年3月に競技からの引退を表明していた。度重なる故障に悩まされてきた金メダリストは、必死に氷上に戻る道を探っているようだ。(THE ANSWER編集部)