久々の興行となった「UFC249」を盛り上げたパルマーさんに脚光

 米最大の総合格闘技「UFC」は9日(日本時間10日)にフロリダ州ジャクソンビルで興行を行った。無観客ながら、白熱した開催の中で注目を浴びている1人のラウンドガールがいる。ブリトニー・パルマーさんはモデルも務め、インスタグラムのフォロワーは110万人という有名人。興行を彩るべく、1人奮闘する姿が大反響を呼んだ。自身が試合後に自撮りをツイッターに投稿すると、格闘技ファンからは「美しきブリトニー、君がUFCのリングにいてくれて嬉しい」などと絶賛が巻き起こっている。英紙でも特集が組まれている。

 美貌と、抜群のプロポーションを誇るパルマーさん。無観客で行われた「UFC249」の中で、たった1人のラウンドガールとしてバトルを華やかに彩った。

 大規模イベントの興行再開として世界的な注目を集めた中で、英紙「ザ・サン」では「ブリトニー・パルマー、インスタグラムの人気モデルはUFC興行で1人果敢に新型コロナウイルス禍へ立ち向かう」と題して特集している。

「UFCのラウンドガール、ブリトニー・パルマーさんがUFC249のイベントに登場、テレビの視聴者に向け興奮を届けると共に1人勇敢に新型コロナウイルス禍に立ち向かった」

 記事によるとパルマーさんは32歳。総合格闘技界では広く名の知れた存在で、インスタグラムのフォロワーは110万人を超えているという。

パルマーさんの試合後の投稿がトレンド入り、ファンからは相次ぐ絶賛

「新型コロナウイルス禍の中、フロリダ州ジャクソンビルで興行再開となったUFC。そんな状況でもパルマーさんは1人ラウンドガールを務めることで、視聴者に熱狂を届ける役目を担った」

 直前に選手からコロナ感染者が出たことが伝えられながらも、2大タイトル戦を含め全11試合が行われた「UFC249」。20秒の“秒殺KO”も生まれるなど大いに盛り上がり、ペイパービュー(PPV)の売り上げも好調だったと報じられている。

 パルマーさんは興行の後にバックヤードで自撮り。笑顔の自身の写真とともに「長く支えてくださったファンの皆さま、こんにちは。戻って来られて良い感じ。#UFC249」と記して投稿すると、これが大反響を呼んだという。

 テレビ放送が終わった後に、ツイッターのトレンド入りを果たし、パルマーさんの投稿には以下のような声が集まったという。

「美しきブリトニー、君がUFCのリングにいてくれて嬉しい」
「ブリトニー、今夜はラウンドガールを務めてくれてありがとう!!! 最高だった」
「君が戻ってきてくれて良かった! ブリトニー、君がいてくれたこと以上に価値を感じたよ」

 格闘技の興行を彩るラウンドガール。コロナ禍のファンにとっても、一服の清涼剤となったようだ。(THE ANSWER編集部)