共に練習したことがあるガヌーの圧勝劇にツイッターで反応

 米最大の総合格闘技「UFC」は9日(日本時間10日)にフロリダ州ジャクソンビルで興行を開催。ヘビー級の試合ではフランシス・ガヌー(カメルーン)がジャルジーニョ・ホーゼンストライク(スリナム)に対し、衝撃の20秒KO勝利を収めた。4戦連続90秒以内のKOまたはTKO勝利はUFC史上初の快挙。圧勝についてボクシングの元ヘビー級3団体統一王者マイク・タイソン氏(米国)も「危険な……未来の王者」と称賛を贈っている。

 電光石火のKO劇に、ボクシング界のレジェンドも驚いた。1回開始直後、圧力をかけたガヌーがぶん回した左拳がヒット。顎にダメージを受けたホーゼンストライクは金網に寄り掛かるように倒れこんだ。ゴングからわずか20秒、あっという間の勝利だった。

 米スポーツ専門局「ESPN」のスポーツ情報番組「スポーツセンター」公式ツイッターによると、4戦連続90秒以内のKOまたはTKO勝利はUFC史上初だという。ガヌーの勝利に即座に反応したのが、タイソン氏だった。自身のツイッターに「世間にその名をとどろかせた……、危険な……未来の王者。今夜のフランシス・ガヌーの20秒KO劇」とつづり、祝福している。

 ガヌーとタイソン氏は面識があるようだ。英紙「ザ・サン」は、記事で「ガヌーはかつてパリの路上で無一文になりホームレスだった。そんなガヌーは、タイソンと昨年の11月に出会い、共に簡単なトレーニングをしたことがある」と紹介している。

 新型コロナウイルスの影響で、約2か月ぶりの開催となった興行。久々に開催された試合での衝撃KOは、かつて名だたる強敵をなぎ倒し、世界最強を誇ったタイソン氏の心も揺さぶったようだ。(THE ANSWER編集部)