名古屋ダイヤモンドドルフィンズは11日、菊池真人との契約継続を発表した。

 福島県出身の菊池は、191センチ94キロのパワーフォワード。日本大学東北高校卒業後郡山クラブに加入し、デイトリックつくば、仙台89ERS、サンロッカーズ渋谷を経て2018年に名古屋Dへ移籍。今シーズンは15試合に出場し、29得点を挙げた。

 同選手はクラブ公式HPで、「来季もまたドルフィンズでプレー出来る事を嬉しく思います。今季は充分な働きが出来ないまま、シーズン終了という悔しい思いをしました。来季にはパワーアップした自分を皆さんに見ていただけるよう、このオフ期間に身体作り、スキルアップに励んでいきたいと思います。また会場、コートでお会い出来る日まで一緒に頑張っていきましょう!応援よろしくお願いします」とコメントしている。

 なお、名古屋Dは張本天傑、小林遥太、中務敏宏との契約継続をすでに発表している。