先行きが見えない君たちへー。

新型コロナウイルスの感染拡大は未来のメダリストたちの夢をも奪っている。
毎年3月に開催される「選抜大会」や「センバツ高校野球」を皮切りに、「全国高校総体(インターハイ)」や「全国中学校体育大会(全中)」などこれまでに全ての大会が中止や延期となった。4月7日に「緊急事態宣言」が発令されスポーツ施設などの利用が禁止となり外出自粛の要請がますます高まっている。

夢舞台に向かって汗を流し、必死で努力をしてきた生徒たちは今何を考えているのだろう?
大きな目標がなくなった今、喪失感に苛まれ、やるせない気持ちになり、すぐに切り替えて次のステージを見据えるには時間がかかるはずだ。

そんな彼らに救いの手を差し伸べようと、現役アスリートたちが立ち上がった。SNSなどを通して、心境を明かしたり、エールを送ったりとあの手この手で元気付けようとしている。
国内のトップアスリートたちが高校生たちへ送ったメッセージを紹介したい。

柔道 井上康生さん(全日本男子監督)
「高校生の皆さんへ 高校総体の中止が決まりました。予選、本戦を目標に日々努力をされていた高校生の皆さんにとってとてもつらい決定かと思います。しかし、皆さんの人生はこれからです。私は高校3年のインターハイでは団体、個人戦共に県大会で敗れ、本戦に出場できませんでした。またキャプテンという立場にあった中で、母校が20年以上続けていた団体戦本戦出場の記録も途絶えさせてしまいました。とても悔しく、情けなく、多くの涙を流したことをいまだに覚えています。しかし、この経験が柔道家としても一人間としても成長させてくれたように思います。高校卒業後、大学に進学する人、就職する人、柔道やスポーツを続けたり、やめたりする人、それぞれの道があるかと思います。
この悔しい経験も、また皆さんがこれまで築き上げてきたこれまでの努力も間違いなく次なるステージで活かされると思いますし、活かすべきです。
明るい未来を切り開けるか開けないかは自分次第。そのためには今は我慢です。この見えない強敵との戦いに必ず打ち勝ち、皆さんが、更に後輩たちが様々なことに一生懸命打ち込めるような環境が取り戻せるように頑張っていきましょう。私もできることを全力でやっていきます!」

サッカー 大迫勇也(ブレーメン所属)
「インターハイは僕も高校生の時ひとつの大きな目標だったのですごく残念です。目標を今回こういう形で失うということは、すごくショックを受けているんだろうなと思います。みんなが目標に向かって努力してきたこと、チームで頑張ってきたことは、サッカーだけじゃなくこの先の人生で絶対にプラスになります。この先まだまだいろんなことがあると思いますが、ここまで頑張ってきたみんなは何でも乗り越えられると信じています」

陸上競技 澤野大地(男子棒高跳び日本記録保持者)
「高校3年間インターハイが全てだった。インターハイで勝つために毎日を送っていた。インターハイの中止により今の高校生達がどのような気持ちでいるのか計り知れない。どんな言葉をかければいいのか。でも1つだけ言えるとすれば陸上を好きだという気持ちを忘れないで欲しいという事」

陸上競技 金丸祐三(男子400メートルで日本選手権11連覇)
「2005年。 陸上人生に於いて、激動の1年だった。 高校記録を、2度更新。 日本選手権、初優勝。 アジア選手権、優勝。 世界陸上に初出場。 それでも1番嬉しかったのは、インターハイの4×100mRの優勝だった。 インターハイの中止が決定となり、目標を失ってしまう高校生も多いと思う」

バスケットボール 伊藤俊亮さん(元日本代表、現千葉ジェッツふなばしのフロントスタッフ)
「最高学年の中高生にとって、進路を決める「受験」や「就職活動」の意味合いもあった。通常の就職活動も影響があるなかで、学校生活の集大成を披露できなくなった、という感情的な理由だけでない落胆がある。 部活とは。 と思わずにいられない」

駅伝 原晋さん(青山学院大学陸上競技部監督)
「高校総体中止。残念でならない。青春時代仲間と苦楽をともに努力した頑張りは教科書には記述されない真の教育活動。どんな言葉をかけても他人事になるので、私は今『仕方ない、これをバネに頑張ろう』こんなありきたりな言葉は言えないな… 顧問の先生しか言えないお言葉が1番生徒に届くと思います」

空手 植草歩(女子組手61キロ超級東京五輪代表)
「取材で聞かれるどの大会が思い出ですか? 高校3年のインハイ予選で団体で初優勝した事。 世界選手権で優勝してもこの大会が1番 それくらい価値のある大会で中止というのは計り知れない思い でもこの出来事も意味があったと思えるような次の選択をして欲しい ただ今はみんなとインハイ目指したかったな」

総合格闘技 青木真也(元ONE世界ライト級王者)
インターハイで進学を決める選手もいます。春と夏の大会がなくなっているので、学生も大学側も前例なきことで難しくなってくるはずです。スカウトする側もされる側も指標がないのでスカウトしようがないでしょう。