露メディアインタビューで回答、ショー出演は最小限でコーチ業に専念

 フィギュアスケートのアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)はコーチのエテリ・トゥトベリーゼ氏のもとを離れ、エフゲニー・プルシェンコ氏に師事すると表明した。新たに指導することになったプルシェンコ氏は希代の4回転ジャンパーをどう育てるのか。ロシアメディア「Sport24」のインタビューでプランを明かしている。

 フィギュア界を驚かせたトルソワの移籍。非凡な才能を持つ15歳を育てるという任務をどう遂行するのか。記事によると、プルシェンコ氏は、トルソワとともに自身のもとにやってきたセルゲイ・ロザノフ氏も含め、育成プランについて明かしている。「トルソワは誰と一緒に、そしてどういった条件で練習するか、自分で選ぶ権利があります」とした上で、こう語った。

「同じグループでロザノフ氏と練習に臨むでしょう。私たちは野心的で我々の前に計画を設定します。私のアイスショーに関しては、大会における仕事と重ならない最小限になるでしょう。つまりシーズンが終わったら、私は何らかのエキシビションに参加します。もし空いている時間があれば、自分の参加に関して決断することもできるでしょう。しかし、それは最小限になります」

 トルソワを勝手知ったるロザノフ氏も含め、チームで指導していく方針の様子。そして、自らはアイスショーの出演は最小限にとどめてコーチ業に専念し、逸材を育てるつもりのようだ。

目標は五輪優勝「四六時中、彼女を指導し、ともに練習に臨む」

 また「トルソワにどんな課題を設けますか?」と問われ、今後の目標についても言及。「私は昨年、大部分でエキシビションへの参加をやめました。今、コーチとしての仕事に重点を置いています」とした上で「私たちは若くて大胆です。なので、世界選手権、欧州選手権、そしてオリンピックで1位になる課題を設けます」と五輪優勝にチャレンジすることを明言した。

 さらに、今回の仕事について「コーチとしてのキャリアの中で最も重要な挑戦か」と問われると「もちろんです。彼女はすでに世界的に名が知れたスケーターですから」と言い、闘志を明かしている。

「彼女はまだ世界選手権も欧州選手権も勝っていませんが、将来にすべてを持っています。私たちが彼女の夢を実現させることができるように願っています。挑戦はとても重大なものです。私は彼女を指導する件に関して、よく考え抜いた上でアプローチしました。自分のアイスショー、ツアー、エキシビションを断念し、四六時中、彼女を指導し、ともに練習に臨むでしょう」

 現役時代、たゆまぬ努力で五輪金メダリストとなり、羽生結弦(ANA)も憧れていたプルシェンコ氏。かつてない逸材を育てることになり、どんな手腕を発揮するのか。指導者のキャリアで最大のチャレンジは大きな注目を集めそうだ。(THE ANSWER編集部)