「ドウェインは持ち前の才能だけでなく、闘争心と負けん気があった。その心構えは期待以上のものだったんだ。それがバムなんだと私は思う」


 5月9日(現地時間8日、日付は以下同)。マイアミ・ヒートは公式ツイッターアカウントで、バスケットボール運営部門代表を務めるパット・ライリーのメッセージ動画を発信した。

 先日、ライリーは「私はチャンピオンチームを作り上げたい。そんなに辛抱強くはないんだ。私はまた新たなチャンピオンシップチームを作り上げたいんだ。我々は(その位置まで)近づいている」と同ツイッターアカウントで話していたのだが、今回はキャリア3年目でオールスターへと飛躍を遂げたバム・アデバヨを絶賛するものだった。

「私はこれまで、彼のような男と出会ったことはない。選手としてとても尊敬でき、すばらしい品格を持つチームプレーヤーなんだ。彼は現時点で、このチームにおいて責任を背負う立場の選手へと成長している」。

 アデバヨは昨夏FIBAワールドカップのアメリカ代表のトレーニングキャンプに追加招集されながら、ロースターに残ることができなかった屈辱をモチベーションに変え、今季平均16.2得点10.5リバウンド5.1アシスト1.2スティール1.3ブロックをマークし、ジミー・バトラーに次ぐヒート第2の男として大暴れ。

 その姿に、ライリーは長年ヒートをけん引してきたフランチャイズプレーヤー、ドウェイン・ウェイド(元ヒートほか)を重ね合わせていた。

「彼は多くの点でドウェインを思い出させる。ドウェインは無意味なことを許さない、真面目な男だった。このチームに来てからも成長を続け、偉大な選手になったんだ。ドウェインは持ち前の才能だけでなく、闘争心と負けん気があった。その心構えは期待以上のものだったんだ。それがバムなんだと私は思う。彼にはその心構えがあり、正しいやり方で毎日こなしてくれているんだ」。

 ライリーからそう称賛されたアデバヨは、献身的な働きでヒート躍進の原動力になったと言っていい好選手。今後のシーズン再開に向けて、日々ワークアウトをこなしてベストコンディションを保っていることだろう。