米国の総合格闘家ダニエルズの衝撃KO再び

 総合格闘家で数々の衝撃的なKO劇を演出してきたベテラン、レイモンド・ダニエルズ(米国)の“クレイジーな”KOが再び脚光を浴びている。180度回転するスピニングヒールキックで相手を沈めるシーンと、相手の目の前で2回転した直後に繰り出した右のフックで痙攣させるシーンを米メディアが動画つきで公開。「こんな恐怖、今まで見たことない」「2番目は見せてはいけない」などと戦慄が走っている。

 強いだけじゃない、魅せて倒す。ダニエルズが過去に演じた2つの衝撃KOはその最たるものだ。

 1つめは2014年のフランソワ・オンバング戦だ。1ラウンド残り1分20秒の場面、サウスポースタイルのダニエルズは右の前蹴りをボディーに繰り出した次の瞬間だ。目にも止まらぬスピードで、反転しながら左足を顎付近に叩き込んだ。そのまま崩れ落ちるオンバング。人形にのように崩れ落ちると大の字に。失神したのか、まったく動かない。すぐにレフェリーが試合を止めた。

 2本目は昨年のベラトールでの1戦だ。地元英国のウィルカー・バロスと対戦したダニエルズ。1ラウンド残り30秒の場面で回し蹴りで一度、ダウンを奪うと、すぐに立ち上がってきた相手に対し、跳び上がってなんと2度回転。蹴りを出すかと見せかけたフェイントで相手にガードを取らせると、今度は意表を突く右フックを繰り出し、見事にテンプルにクリーンヒットさせた。

 崩れ落ちるバロス。痙攣したまま戦闘続行不可能に。レフェリーが試合を止め、ダニエルズが勝ち名乗りを受けた。

ファンは戦慄「2番目の映像は馬鹿げている」

 圧巻としか言いようのない2つのKOシーンを、米スポーツ専門局「ESPN」の情報番組「スポーツセンター」の公式インスタグラムは「レイモンド・ダニエルズの最もクレイジーな2つのKO」と脚光を浴びせ動画付きで公開。ファンには戦慄が走っている。

「こんな恐怖の男、今まで見たことがない」
「これを見た私もノックアウトされた感覚になった」
「こいつはヘリコプターみたいだ」
「何回転しているんだ?」
「2番目の映像は馬鹿げている」
「なんて残忍なんだ」
「2番目は他の人には見せてはいけない」

 現在40歳のダニエルズは現役ファイターとしてリングに上がり続け、今年1月の試合でも1ラウンドKO勝ちしている。(THE ANSWER編集部)