小塚崇彦さんが作成した靴下マスク、使う形を間違えると…

 フィギュアスケートのバンクーバー五輪代表・小塚崇彦さんがツイッターを更新。新型コロナウイルス感染拡大の影響でマスク不足となっている中、靴下で作ったマスクの画像を公開していたが、使う靴下の形を間違えた笑える“失敗作”の画像にファンから「ひげも収納できる」などとコメントが相次いでいる。

 なんだか違和感がある。小塚さんが顔の右側から撮った1枚の画像を公開。つけているのは靴下で作ったマスクだ。白の生地に紺色のボーダーが入った靴下を使用。足首の部分が顎の下を覆い、つま先部分は切られているようだ。口と鼻をしっかりと隠し、耳にかけるゴム部分も穴をあけてバッチリ。しかし、横から見ると、あごの先で布が余っている。空間ができてしまっているようだ。

 小塚さんは文面に「靴下の形を間違えるとこうなります」とつづり「#靴下マスク」とハッシュタグを添えている。別の投稿では口が踵部分にすっぽりと収まる“靴下マスク”を公開していたが、今回の投稿のコメント欄には「顎(あご)がしゃくれてる人みたい!笑」「物が入りそうww」「ひげめっちゃ伸びても収納できるね」「アゴが長い人用って感じですね」と反響が集まっている。(THE ANSWER編集部)