スポーツロスに嘆くファンへ「名珍場面特別編」―2018年W杯の思い出深い名シーン

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、多くのスポーツイベントが延期、中止を余儀なくされている。スポーツロスに嘆くファンへ向け、過去の様々な競技で盛り上がったシーンを「名珍場面特別編」としてプレーバック。今回は2018年のサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会、日本が決勝トーナメント1回戦のベルギー戦の敗戦直後、香川真司を労うベルギーの10番、エデン・アザールの姿だ。海外メディアが「なんとも気品あることだ」と称えた、美しき瞬間に再びスポットを当てた。

 今、振り返っても悔しさが蘇ってくるシーンだ。精魂尽き果てたのだろう。すぐには現実を受け入れられなかったのかもしれない。MF香川真司はピッチに仰向けに寝転がり、天を仰いだ。日本が誇る10番のもとに歩み寄ったのはベルギーの10番だった。

 エデン・アザールは目を閉じる香川を労うように、顔を覗き込みながら、何事か声をかけているようにも見える。そして手を差し伸べて、力強い握手を交わしている。またロメル・ルカクも香川の元に歩み寄って、握手を交わしながら、体を引き起こしている。ほかにもケビン・デブライネがうなだれる昌子源を労う場面もあった。

 試合が終われば、相手をリスペクトし合うもの同士。試合後の美しいスポーツマンシップの光景を、英公共放送「BBC」の番組「マッチ・オブ・ザ・デイ」公式ツイッターが数枚の写真と共に公開。「試合終了の笛が鳴ると、ベルギーの選手たちは精根尽き果てた日本代表を慰めた。なんとも気品あることだ」とキャプションをつけた。

 ベルギー選手にとって、死闘を演じた日本の選手はリスペクトの対象だったことは間違いない。日本人にとっては悔しくも、誇らしいシーンだった。(THE ANSWER編集部)