先行きが見えない君たちへー。

新型コロナウイルスの感染拡大は未来のメダリストたちの夢をも奪っている。
毎年3月に開催される「選抜大会」や「センバツ高校野球」を皮切りに、「全国高校総体(インターハイ)」や「全国中学校体育大会(全中)」などこれまでに全ての大会が中止や延期となった。4月7日に「緊急事態宣言」が発令されスポーツ施設などの利用が禁止となり外出自粛の要請がますます高まっている。

夢舞台に向かって汗を流し、必死で努力をしてきた生徒たちは今何を考えているのだろう?
大きな目標がなくなった今、喪失感に苛まれ、やるせない気持ちになり、すぐに切り替えて次のステージを見据えるには時間がかかるはずだ。

そんな彼らに救いの手を差し伸べようと、現役アスリートたちが立ち上がった。SNSなどを通して、心境を明かしたり、エールを送ったりとあの手この手で元気付けようとしている。
今回はアスリートたちもかつて経験した「インターハイ」に焦点をあて、高校生たちへ送ったメッセージを紹介したい。

陸上女子100メートル障害の日本記録保持者でインターハイでは3連覇を成し遂げた寺田明日香は自身のツイッターアカウントで、先が見えなく悩むアスリートたちへ向けて言葉を送った。

全国小学生陸上競技交流大会、全国中学校体育大会(全中)に続いて高校総体(インターハイ)の中止が決定したことに触れ「陸上競技をやっているたくさんの子ども達の目標がなくなってしまいました」とコメント。「みんなは今まで、そこで自分の一番よいパフォーマンスをするために辛い練習も頑張ってきましたよね。その目標がなくなってしまって、本当に悲しくて悔しくて、今はどうしたら良いか分からないと思います」と、選手を気遣い、「私は今、どうやったらみなさんに元気になってもらえるのかを考えていますが、なかなか良い言葉が見つかりません。ただ一つ思うことは、今はその辛い気持ちを我慢せず、泣いてもよいのではないかと思います」と率直な思いを述べた。

寺田は全中の出場は叶わなかったものの、インターハイで3連覇を達成。その後一度は陸上競技を辞めてしまい、「陸上競技が大嫌いになりました」と告白。「みんなは、陸上競技が好きですか?」と問い掛け、「私は一度嫌いになった陸上競技を、色んな経験をした後に『好き』と気づいて、また陸上競技に戻ってきました。白石選手も仰っていましたが、みんなには陸上競技を好きでいてほしいし、何より楽しんでほしいと思っています」と自分の気持ちに正直になるよう促した。

大きな目標が突然消えてしまい、日々の練習すら出来なくて辛い日々が続く中で「また楽しく陸上競技ができる日のために、今は出来ることを続けてほしいと思います」。辛い思いをしているのは周囲の人も同じだとし、「また、今まで影で支えてくれていたお父さんお母さん、先生方も、みんなと同じように辛い気持ちです。みんなは一人じゃないので、みんなで乗り越えていきましょう」と呼び掛けている。
最後には「陸上競技場で、みんなと笑顔で会える日を楽しみにしながら、私も精一杯頑張ります。みんなで頑張ろう!」とエールを送った。

自身も出場を目指す東京五輪が1年延期しているが「みんなは一人じゃないので、みんなで乗り越えていきましょう。陸上競技場で、みんなと笑顔で会える日を楽しみにしながら、私も精一杯頑張ります」とつづった。

 

寺田は北海道・恵庭北高時代に100メートル障害で全国高校総体3連覇を達成。高校卒業後の08~10年に日本選手権3連覇、09年には世界選手権(ベルリン)出場など日本トップレベルで活躍するも13年に1度現役を引退。結婚や出産、ラグビー転向などを経て約6季ぶりに復帰した昨年は9月に日本記録(12秒97)を樹立していた。