衣装デザイナーの作者が“衣装マスク”の反響に驚き「各選手15個ずつの予定だった」

 フィギュアスケートの宇野昌磨(トヨタ自動車)らの衣装をモデルにしたマスクが話題を集めていたが、作成した衣装デザイナーは「日本のお客様たちの“ウノマスク”の購買意欲はものすごい」と驚いているようだ。AP通信が報じている。

 宇野、アイスダンスのマディソン・チョックらの衣装をモチーフにした煌びやかなマスクを作成していたのは、カナダの衣装デザイナー、マシュー・キャロン氏。マスクは公式サイトで販売し、収益の100%をWHOの「新型コロナウイルス感染症連帯対応基金」に寄付すると公表している。

 3種類あり、1枚で200カナダドルから250カナダドル(約1万5000円から約1万9000円)だった宇野のマスクは、すぐに完売するなど大反響。鮮やかなデザインでフィギュア界に話題をもたらしている“衣装マスク”について、AP通信も記事で特集している。

 同メディアの取材に対してキャロン氏は「私たちはスケーターの衣装と同じ原材料を使い、同じ装飾、同じデザインをしています。しかし形がマスクということです」と、マスクの素材などについて説明している。

キャロン氏「医療用のつもりではない」

 宇野の“衣装マスク”に対する日本人ファンの反響は想像を超えているようだ。記事によると「当初は各スケーターごとに15個ずつ売る予定だった」と話しているキャロン氏。「日本のお客様たちの、ウノの衣装マスクの購買意欲はもの凄く、“ウノマスク”は70個も売れました」と想定以上の売れ行きだったという。同氏のインスタグラムによると、追加販売を始めるようだ。

 また同メディアによると、キャロン氏は新型コロナウイルスが蔓延する状況下において「このマスクが売れたことは驚きました。現在の危機的状況を考えると、正直このマスクを購入するためのお金が人々にあるとは思いませんでしたから」と語っているという。

“衣装マスク”の用途については「これは医療用? 少しもそんなつもりはありません。私たちはむしろファッションアクセサリーやコレクションアイテムだと思っています」と医療目的で作成したわけではないと説明しているという。(THE ANSWER編集部)