小塚崇彦さんが靴下でマスクを作成、口がすっぽり収まる部分は…

 フィギュアスケートのバンクーバー五輪代表・小塚崇彦さんがツイッターを更新。新型コロナウイルス感染拡大の影響でマスク不足となっている中、自作の“靴下マスク”の画像を公開すると、ファンから「ちゃんとマスクになってますね」「顔半分隠れててもイケメン(笑)」と反響が集まっている。

 少しごわついた感がある。小塚さんが1枚の画像を公開。襟付きのシャツを着て、自撮りをしているようだが、装着しているのはなんと靴下で作られたマスクだった。ベージュを基調とした生地で、足首を覆う部分のラインが目元と鼻のところにある。口は踵部分にすっぽりと収まっているようだ。

 小塚さんは文面に「Tiktokでやってた」とつづり、「#マスク作り」「#真似してみた」「#くるぶし靴下」「#先っぽ切って」「#耳かけ作るだけ」「#勝手にブランドマスク」とハッシュタグを添えている。この秀逸な1枚に「ちゃんとマスクになってますね 素晴らしい」「顔半分隠れててもイケメン(笑)」「マスクすごい」と称賛のコメントが集まっている。(THE ANSWER編集部)