ナバレッテ陣営も井上に熱いラブコール「彼が望めば、だ」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)とWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)の3団体統一戦は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期となった。新型コロナ終息後の日程に注目が集まる中、WBO世界スーパーバンタム級王者エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)のプロモーターが井上のスーパーバンタム級への転級を熱望。「モンスターを自称するならナバレッテと戦え」とビッグマッチ実現に挑戦状を送っている。米メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

 ナバレッテのみならず、悪童ルイス・ネリらメキシカンボクサーを擁する「サンフェル・プロモーションズ」でプロモーターを務めるフェルナンド・ベルトラン氏も新たにモンスターに挑戦状を突きつけた。

「ナバレッテは彼の階級でビッグファイトを求めているんだ。現時点で階級を総ナメにしている」

 2月22日にジェオ・サンティスマ(フィリピン)に11回2分20秒KO勝ちし、王座奪取から1年2か月で5度防衛のナバレッテ。ハイペースで防衛を重ねるスーパーバンタム級王者について、ベルトラン社長はこう語った。

 そして、「我々はイノウエと是非戦いたい。彼が望めば、だ。彼がモンスターだと自称するのなら、ナバレッテと戦うべきだ。今や時間の問題だ」と熱望し、さらに「相手が望むならば、130ポンド(スーパーフェザー級)までのどの相手に対しても私はナバレッテを送り込む」と続け、2階級上までなら誰とでも対峙させると豪語している。

スーパーフェザー級までなら誰とでも戦うと豪語

 米国で井上と同様に米興行大手・トップランク社と契約を結んでいるナバレッテ自身も、井上に対して事あるごとにラブコールを送り続けてきた。スーパーバンタム級では統一戦など強敵との対戦を熱望しているが、それが叶わないのなら、フェザー級への転向もベルトラン氏は示唆している。

「ナバレッテが統一戦を戦わないとすれば、相手が尻込みしているからだ。ナバレッテが望んでいないわけではない。122ポンド(スーパーバンタム級)でナバレッテが最強ということを、我々も、誰もが知っている」

 バンタム級と、スーパーバンタム級王者の2人の対決はコロナ禍で楽しみを失ったボクシングファンにとっては垂涎のものになるという。

「ファンはボクシングを見ていない。彼らにふさわしいものになる」。カシメロ陣営は井上との3団体統一戦へのこだわりを見せているが、ナバレッテ陣営もモンスターとの激突を諦めていない様子だった。(THE ANSWER編集部)