衣装デザイナーが作成したマスクをチョックが着用「新しいマスク最高!」

 フィギュアスケートの宇野昌磨(トヨタ自動車)らの衣装をモデルにしたマスクが話題を集めていたが、同じデザイナーに衣装からマスクを作られたアイスダンスのマディソン・チョック(米国)が“衣装マスク”を着用した写真をインスタグラムで公開。豪華絢爛な逸品と相まった美しい姿に、ファンからは「心を奪われる!」「すごく素敵」などと反響が寄せられている。

 なんともゴージャスな装いとなった。煌びやかな飾りが無数に付けられ、金色に輝くマスク。鼻から口の部分にかけては青のグラデーションが施されている。着用したチョックのはっきりした目鼻立ち、艶やかな髪とも相まって、装飾品としても美しさを際立たせる作品となっている。

 衣装デザイナーのマシュー・キャロン氏が、チョックの衣装をモチーフに作成した“衣装マスク”。チョックは着用している写真を自身のインスタグラムに公開。「マシュー・キャロン氏が作った新しいマスクは最高! 彼の製作物の一部になれて光栄です! 彼の創造性や才能を人助けに役立てていることにとても感動しています」などとつづられた投稿には、キャロン氏が「いつも通りゴージャスだね」とコメントするほか、さまざまな反響が寄せられている。

「すごく素敵!」
「マスクとメイクの相性がバッチリ!!!」
「ゴージャスな顔を隠さないで。でも、スタイリッシュなマスクだね」
「心を奪われる!!」
「次は衣装と一緒に」
「マスクだけど、ファッションの一部になっている……」

 キャロン氏はこのほか、宇野の衣装を模した芸術的なマスクなども作成。マスクは公式サイトで販売し、収益の100%をWHOの「新型コロナウイルス感染症連帯対応基金」に寄付すると公表している。チョックは「ぜひ彼のインスタグラムのアカウントで製作物をチェックしてみて」とつづっている。(THE ANSWER編集部)