米ESPNが井上―カシメロ戦に期待「記憶に残る乱打戦になる可能性も」

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、米ラスベガスで予定されていたWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦が新型コロナウイルスの影響で延期となった。開催時期が未定で、カシメロが他の相手と戦う可能性が浮上する中、米スポーツ専門局「ESPN」の記者は「ボクシング再開後に最初に見たいビッグマッチ」にこの試合を選出している。

 新型コロナの感染拡大が続く中、興行延期状態のボクシング界。ESPNでは再開後に必見となるビッグマッチを選出し、スティーブ・キム記者は井上の試合を挙げている。

「私はカードを少しシャッフルしたい。ライト級統一戦のワシル・ロマチェンコとテオフィモ・ロペスの試合も間違いなく心待ちにしているが、ナオヤ・イノウエとジョンリエル・カシメロのバンタム級統一戦に興味をそそられる。元々はラスベガスのマンダレイ・ベイで4月25日(日本時間26日)に開催予定だった」

 ESPNのパウンド・フォー・パウンド(PFP)で1位に推すなど、井上を高く評価しているキム記者は「精密機械」の異名で知られるロマチェンコの4団体統一戦よりも、モンスターの試合を「必見」に挙げているようだ。

 井上については「ボクシング界でかなりのエリートファイターの一人」と評価。一方、カシメロのパンチ力も高く評価し「もしも、イノウエが対戦時にディフェンスで完封できなければ、記憶に残る乱打戦になる可能性がある」と予想している。

 井上が契約する米興行大手・トップランク社のボブ・アラムCEOは、米国で合宿を続けるカシメロが渡米できない井上の代わりにWBO1位ジョシュア・グレア(米国)と戦う可能性を示唆していた。本場・米国の記者にとってコロナ明け最初に見たいのは、バンタム級3団体統一戦のようだ。(THE ANSWER編集部)