宇野昌磨の衣装をモデルにしたマスク“第2弾”、明るいスパンコールが美しい

 フィギュアスケートの宇野昌磨(トヨタ自動車)の衣装をモデルにしたマスクの“第2弾”が注目を集めている。衣装デザイナーのマシュー・キャロン氏がインスタグラムを更新。宇野の衣装を模したマスクの芸術的な画像の“第2弾”を公開すると、ファンから「ゴージャスだね」「上品だね」「ショーマスクだ」と称賛の声が相次いでいる。

 宇野に似合いそうなマスクかもしれない。マネキンに装着された1枚。頬の左側に青、水色などスパンコールが鮮やかに散りばめられている。紫色の布がより一層美しく仕上げられ、鼻と口に合わせた立体的なデザインも顔にうまくフィットしそうだ。

 2枚目の画像では、険しい表情の宇野が氷上でポーズを決めている。マスクのモチーフは、昨年のグランプリ(GP)シリーズからショートプログラム(SP)で心機一転した宇野の新衣装だった。キャロン氏は文面に「#shomauno」とハッシュタグを添えると、海外ファンから「販売が待ちきれない」「一つください」「買いたいです」と反響が殺到。日本人ファンからも「ショーマスクだ」「ゴージャスだね」「素晴らしい」「上品だね」と賛辞の声が相次いでいる。

 新型コロナウイルスの影響で世界的にマスク不足となっている状況。第1弾でも美しい宇野の衣装を模したマスクが話題となっていたが、今回も見事な出来栄えの“昌磨マスク”となり、反響が集まっているようだ。(THE ANSWER編集部)