WBCが選出の「KO・オブ・ザ・イヤー」、2019年はワイルダーの圧巻KO

 ボクシングのWBCは連日、過去のノックアウト・オブ・ザ・イヤーに再フォーカスしている。今回は2019年のWBC世界ヘビー級タイトルマッチ、当時の王者デオンテイ・ワイルダー(米国)がルイス・オルティス(キューバ)を右ストレート一発で下した一戦だ。公式インスタグラムで動画を公開すると、ファンからは「このパワー、どうかしている!」などと再び驚きの声が上がっている。

 戦慄が蘇ってくる。一撃でボクシング界に衝撃を走らせた。序盤から苦戦を強いられていたワイルダー。しかし、7回も残り10秒を切った終了間際だった。オルティスの一瞬の隙を突き、ワンツーから右ストレートを顎に一閃。相手を豪快にキャンバスに沈め、試合を一発で終わらせた。衝撃的な幕切れに会場も熱狂した。2018年3月、オルティスを迎えた7度目の防衛戦でも苦しみながらTKO勝ちしていたワイルダー。しかし、この試合では文句ない戦いぶりでV10を達成していた。

 米ボクシング専門誌「ザ・リング」からも「年間最高KO」に選出されていた、ワイルダーの衝撃KO。WBCも、昨年の「KO・オブ・ザ・イヤー」に認定。動画付きで脚光を浴びせると、ファンからは再び驚愕する声が上がっている。

「恐るべきパワー」
「良いKOだけど、ルイス・オルティスは低血圧の老人だったよ。勝ち目はなかったね」
「魂が体から抜けていくのが分かるね」
「最強のヘビー級パンチャー」
「このパワー、どうかしている!」
「きっとパンチを食らった後に神を見ただろう」
「人々はワイルダーがいかに素晴らしいかということを忘れてしまっている」
「キングは戻ってくるはずだ」

 ワイルダーは2月にタイソン・フューリー(英国)に44戦目で初黒星。ベルトを失った。10月に3度目の対戦も取りざたされているが、この豪打復活を再び期待するファンは少なくはない。(THE ANSWER編集部)