延期となった3団体統一戦、現状を鑑みカシメロに新たな対戦候補

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は米ラスベガスでWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦に挑む予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期となった。前座で登場予定だったWBO同級1位ジョシュア・グレア(米国)は井上との対決を熱望していたが、トップランク社のボブ・アラムCEOはカシメロの次戦の相手になる可能性を明かしている。米メディア「ボクシングシーン.com」が報じている。

 25日(日本時間26日)に行われるはずだった3団体統一戦は延期に。2月から米国で合宿を続けるカシメロは次戦で違うファイターと対決する可能性が高まっている。

 井上と共同プロモート契約を結ぶトップランク社のアラム氏は「(カシメロにとっての)可能な選択肢の1つとして、我々はジョシュア・グレアについて話し合っている。シカゴ出身の我々の選手だ。彼はジェイソン・モロニーと対戦予定だった。だから、カシメロと戦うことができる。激しい好試合だ」と語ったという。

 トップランク社と契約しているグレアは、井上が優勝したワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)にも出場したモロニー(オーストラリア)と対戦予定だった。

カシメロ―グレア戦実現なら「その勝者はイノウエと対戦することができる」

「イノウエと戦いたい。オレがあの男を倒した人間になりたいんだ。戦いたい。勝てば、自分がバンタム級史上最強の男になれる。一夜にして、パウンド・フォー・パウンド(PFP)の偉人になれるんだ。この戦いをオレは求めている」と燃えていたグレアだが、アラム氏はカシメロにぶつける可能性を示唆している

 井上側とも連絡を取っているというアラム氏。「我々は彼を米国に連れてくることを検討している。我々の問題はもちろん渡航禁止の部分だ。こんな状況で日本のファイターがこの国にやってくることができるのか? それはわからない。現状ではアメリカにいる外国人ファイターか、アメリカ人に集中するしかない。そうすれば、計画の早い段階で海外から連れてくることに頭を悩ませる必要はなくなる」とも話しているようだ。

 記事では「グレアがカシメロとすぐに対戦することになれば、日本のスターがアメリカにやってくることが許された際、その勝者はイノウエと対戦することができる」と分析。状況によっては、井上の次戦の相手が変わる可能性もある。(THE ANSWER編集部)