今夏、東北から九州の21府県で分散開催される予定だった全国高校総合体育大会(インターハイ)が、史上初の中止となることが26日、決まった。新型コロナウイルス感染拡大を受け、主催する全国高等学校体育連盟(全国高体連)が同日午後2時からウェブ会議方式の臨時理事会を開き、決定した。

当初は、延期前の東京オリンピック(五輪)閉幕翌日となる今年8月10日から24日までの日程で開催されるはずだったが、新型コロナの終息が見えず、中止に踏み切ったと見られる。また、インターハイにつながる都道府県総体で中止になった競技もあり、現在休校のため部活動が中止になっている学校も多く、大会を再調整することは極めて困難だった。

インターハイは1963年に新潟県で第1回大会が開かれた。以来、2010年の沖縄県で全国一巡を達成。今まで1度も中止になったケースはなかった。今大会は群馬、茨城、栃木、埼玉を中心に「北関東総体」として開かれる予定だったが、東京五輪・パラリンピックの影響で競技会場や宿泊施設の確保が難航し、21府県に広がった経緯がある。夏季は30競技で、選手や指導者ら約3万8000人が参加予定だった。

インターハイとほぼ同日程の8月10~25日で実施を模索している「夏の甲子園」の開催可否にも影響を与える可能性が出てきた。こちらは5月中に方針が出る見通しとなっている。