デザイナーが宇野昌磨の衣装をモデルにマスク作成、「史上最高のマスク」と反響

 フィギュアスケートの宇野昌磨(トヨタ自動車)の衣装をモデルにしたマスクが話題を集めている。衣装デザイナーのマシュー・キャロン氏がインスタグラムを更新。宇野の衣装を模したマスクの芸術的な画像を公開すると、ファンから「これは凄い」「あまりにも美しい」と絶賛の声が相次いでいる。

 美しいマスクだ。キャロン氏の公開した画像に写っているのは2枚のマスク。1枚はマネキンに装着されている。紺色で煌びやかな飾りつけも残されており、鼻と口に合わせた立体的なデザインも見事だ。黒のゴム紐もしっかりと付けられている。

 2枚目の画像では、宇野が氷上で金メダルを首にかけ、手を振っている。キャロン氏は文面に「違いを生み出す芸術」と投稿。「#shomauno」とハッシュタグを添えると、日本人ファンから「ショウマの衣装! ビューティフル」「この写真、ショウマにも送ってあげて」「絶対に欲しい!!」とコメントが集まり、海外ファンもこう反応している。

「Wow!!!」
「即買いだわ」
「史上最高のマスク」
「素晴らしい」
「これは凄い」
「お見事」
「マスク着用も…カッコよく! 一つ欲しい。あまりにも美しいから」
「ゴージャス」

 新型コロナウイルスの影響で世界的にマスク不足となっている状況。見事な出来栄えの“昌磨マスク”に反響が集まっているようだ。(THE ANSWER編集部)