ニカラグアで興行開催、プロモーター「みんな仕事が必要なんだ」

 ボクシングでも世界各国で興行が中止や延期となる中、ニカラグアでは25日(日本時間26日午後1時)から観客を入れた興行が開催されている。米スポーツ専門局「ESPN」は「ニカラグアのボクサーは給料を手にできるチャンスに感謝する」と記事を掲載。海外識者はツイッターに選手がマスク姿でフェイスオフする画像を公開している。

 ボクシングなら恒例の試合前のフェイスオフ。マスク姿で顔面を接近させたのは同国ライト級のラミロ・ブランコ対ロビン・ザモラだった。上半身裸のボクサー2人がマスクをつけて向かい合わせに急接近。顔がぶつかりそうな様子の画像を、ユーロスポーツのイタリア人解説者マッシミリアーノ・アンベーシ氏がツイッターに投稿している。観客席では、ファンが間隔を空けて座っている。

 ESPNによると、ニカラグア首都マナグアのアレクシス・アグエロ・スポーツコンプレックスで日本時間26日にボクシングの興行が行われている。当初の予定では、慣習は会場の収容可能人数の10%に当たる800人程度。日本のリングでも戦ったことのある元2階級制覇王者でプロモーターのロセンド・アルバレスはこう語っているという。

「我々は世界にニカラグアで人々が労働していることを示したい。なぜなら、みんな仕事が必要なんだ。ボクサーがファイトしなければ、お金を稼げない。月給がないんだ。だから、我々は彼らと喜んで仕事をする」

ニカラグア協会会長は感染防止対策の万全強調「靴も塩素で殺菌する」

 ニカラグアはコロナ禍による死者3人、感染者11人と報告されている。ボクシングだけでなく、他の競技でもファンを入れながら開催していると報じられているニカラグア。同国ボクシング協会のフアン・アルベルト・モリナレス会長は試合会場で感染防止に全力を尽くすつもりだという。

「ここは広い。ファンに距離を空けることもできる。靴も塩素で殺菌する。消毒液も使われるし、体温も測ることになる。ボクサーもファンも関係者も必要事項は同じ」

 観客は90センチの距離を取ることを求められているという。この興行に参戦するライト級のフレディ・フォンセカは「仕事しなければ、食べられない。ロセンドと教会に感謝している。彼らはボクサーについて考えてくれている。生きるためにファイトしなければいけないことを」と語っていたという。(THE ANSWER編集部)