井上尚弥―カシメロ戦があるはずだった今日26日、海外の反応とは

 ボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋)は、25日(日本時間26日)に米ラスベガスでWBO同級王者ジョンリエル・カシメロ(フィリピン)との3団体統一戦を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期に。本来ならラスベガスデビューとなるはずだったこの日、米専門誌「リング」の格付け評議員が「今夜はボクシングファンにとって偉大な夜になるはずだった」と嘆くなど、“モンスターロス”の声が上がっている。

 コロナ禍で世界各国で興行延期となる中、井上戦の延期を嘆いたのは、リング誌で格付け評議員を務めるフランシスコ・サラザール記者だった。自身のツイッターにこうつづっている。

「今夜はボクシングファンにとって偉大な夜になるはずだった。ナオヤ・イノウエのESPNとトップランクデビュー、そして、ジョンリエル・カシメロとの統一戦。ゴールデンボーイのカード満載の興業でセルゲイ・コバレフがサリバン・バレラと対戦。PBCはミシシッピー州バイロキシでファイトカード……」

 現地時間25日に行われるはずだったカードをツイッターで紹介。頭に紹介したのは「NAOYA INOUE」だった。ネット上では、海外ファンが試合を心待ちにしていた様子の言葉も上がっている。

ツイッター上では海外ファン反応「しかし! 待つ価値はある!」

「今日つらくはないんだ。ナオヤ・イノウエの試合をベガスに見に行くつもりだった。全然つらくないよ」

「今夜はナオヤ・イノウエのトップランクデビューを見に行く予定だった。しかし! 待つ価値はある! しばらくの間はこの男の名試合を楽しむことにしよう。伝説のザ・モンスター」

 ツイッター上では海外ファンも反応。2018年5月のバンタム級初戦となったジェイミー・マクドネル(英国)との世界戦で見せた衝撃のKO劇や、トップランク社の公開したハリウッド映画風の紹介動画で、傷心を慰めるファンもいた。

 再スケジュールの日程は発表されていないが、ファンはビッグマッチに注目しているようだ。(THE ANSWER編集部)