母国選手を一言で表現、トルソワは「抑えがたい」、シェルバコワは「真のインテリ」

 昨年12月のフィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナルで初優勝したアリョーナ・コストルナヤは、同2位のアンナ・シェルバコワ、同3位のアレクサンドラ・トルソワとのロシア3人娘としてフィギュア界を席巻。ロシアメディアはこの2人と平昌五輪女王のアリーナ・ザギトワ(ロシア)について、コストルナヤがそれぞれを一言で表現した内容を報じている。

 コストルナヤの言葉を紹介したのは、ロシアメディア「sports.ru」だった。記事では「2020年欧州選手権のチャンピオンのアリョーナ・コストルナヤがトゥトベリーゼ氏のグループでともに練習しているアレクサンドラ・トルソワ、アンナ・シェルバコワ、アリーナ・ザギトワについて語った」と説明。いずれもコーチを務めるエテリ・トゥトベリーゼ氏の門下生だ。

 コストルナヤに対し、インタビュアーは「あなたは2つ、3つの言葉でどのようにトルソワ、シェルバコワ、ザギトワの特徴を述べますか?」と質問。GPファイナル女王はこう答えている。

「サーシャ(トルソワの愛称)から始めましょう。『彼女は抑えがたい』です。アーニャ(シェルバコワの愛称)はまさに『真のインテリ』。アリーナは『不屈の』です。何が起ころうとも彼女はくじけません。彼女のエキシビションのプログラム『サバイバー』でのように」

コストルナヤがザギトワから学んだこととは?

 コストルナヤは3人をこう表現。ザギトワについてはエキシビションの演目になぞらえて語ったようだ。さらに「あなたは彼女たちから何を学びましたか」という問いにはこう答えている。

「アーニャには時々その行動をお手本にさせてもらっています。なぜなら、すべての人が私の偽りのないスタイルを好きだというわけではないからです、それ(偽りのないスタイル)を不遜だと考える人もいます。ファンの人々も時々、会見などでの私の言葉に不満があるようです、アーニャはここの部分でよりきちんと受け答えします。

 アリーナからは自分の感情をコントロールすることを学びました。自分の感情を出さなければならない場合もありますし、それを出さないほうがいいケースもあります。私は今までその境界を守ることを学んでいます。サーシャからは、おそらく大胆さを学んでいます」

 他の選手たちから良いところを吸収しているというコストルナヤ。切磋琢磨できる良き関係のようだ。(THE ANSWER編集部)