五輪専門メディアで語るオーナー氏「ハニュウにはファンタスティックな技術がある」

 新型コロナウイルス感染拡大により、3月の世界選手権が中止となり、シーズンに幕を下ろしたフィギュアスケート界。カナダ・クリケットクラブで指導するブライアン・オーサー氏は、教え子の羽生結弦(ANA)について、4回転アクセル(4回転半)を成功させるためにフィジカルを強化していると明かした。五輪専門メディア「オリンピックチャンネル」が報じている。

 同メディアは「ハニュウにとって4回転アクセルは“よりフィジカル”」と題し、オーサー氏の単独インタビューの内容を伝えている。記事では「ブライアン・オーサーは、オリンピックチャンネルに対し、ユヅル・ハニュウは4回転半を成功させるため身体を鍛えていると語った」と、肉体強化に着手したことを伝えている。

 さらに「オーサー氏は、五輪2連覇の日本人選手にはこのジャンプ(4回転アクセル)を決める技術があるが、そのためにもさらにフィジカルを強化する必要があると話す」と説明。4回転アクセル成功を目指す羽生について、オーサー氏の言葉を次のように記している。

「彼にはどんな時もファンタスティックなテクニックがある。この回転をやりきるための体をつくるためには、よりフィジカルが大事になるということで彼と一致している。もちろん、さらなる高さとパワーも必要になる」

 4回転アクセルの実現には、美しいジャンプで魅了してきた羽生の技術に、より強固なフィジカルなどを加えることが重要であるとの考えを、2人は共有しているようだ。

 記事では、羽生が初優勝した2月の4大陸選手権の際、コーチの1人、ジスラン・ブリアン氏が3月の世界選手権で4回転アクセルに挑戦することを示唆していたと伝えている。世界選手権は中止となったが、オーサー氏は「私がコーチをしている選手はみな、世界で起きていること、自宅待機することがいかに大事かを理解していた。本当に誇らしいことだ」と話しているという。(THE ANSWER編集部)